吉野家HD、牛丼並盛300円に値上げ

さらば280円、増税実施の4月1日午前10時から

3月11日、吉野家ホールディングスは、消費増税後の4月1日午前10時から、吉野家で販売する商品の値上げを行うと発表した。都内の同社店舗で2010年12月撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 11日 ロイター] -吉野家ホールディングス<9861.T>は11日、消費増税後の4月1日午前10時から、吉野家で販売する商品の値上げを行うと発表した。現在280円(税込)の牛丼並盛は、本体価格を267円から278円に引き上げ、税込価格を300円とする。

消費増税と併せて、原材料の高騰や長引く円安を価格に反映させた。

牛丼大盛は440円から460円へ、牛丼特盛は540円から560円に引き上げる。また、昨年12月から販売を開始し、好評となっている「牛すき鍋膳」は580円を590円とする。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。