吉野家HD、牛丼並盛300円に値上げ

さらば280円、増税実施の4月1日午前10時から

3月11日、吉野家ホールディングスは、消費増税後の4月1日午前10時から、吉野家で販売する商品の値上げを行うと発表した。都内の同社店舗で2010年12月撮影(2014年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 11日 ロイター] -吉野家ホールディングス<9861.T>は11日、消費増税後の4月1日午前10時から、吉野家で販売する商品の値上げを行うと発表した。現在280円(税込)の牛丼並盛は、本体価格を267円から278円に引き上げ、税込価格を300円とする。

消費増税と併せて、原材料の高騰や長引く円安を価格に反映させた。

牛丼大盛は440円から460円へ、牛丼特盛は540円から560円に引き上げる。また、昨年12月から販売を開始し、好評となっている「牛すき鍋膳」は580円を590円とする。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT