トヨタの自動車サブスク「KINTO」大苦戦の真因

全国展開しても認知度2割、申込み1日平均6件

「自分の自動車保険を使えないのは不便」。こうした声に応えたのが、トヨタ直営の販売会社、トヨタモビリティ東京のオリジナルプランだ。その名も「KINTO ONE TMT」。自身の自動車保険を使うことができ、パンフレットには「保険の割引も引き継げる」ことをメリットとして謳う。車種やグレードも選び放題と自由度が高い。

トヨタの直営販社であるトヨタモビリティ東京は今年7月からオリジナルのサブスクサービスを始めた(撮影:尾形文繁)

キントの小寺社長は「KINTO ONE TMTは昔から付き合いのあるお客さんの契約がメイン。われわれのキントは普段販売店との付き合いがない顧客がメイン。割ときれいにすみ分けができている」と話す。

ただ、前出の販売会社幹部によれば、「トヨタモビリティ東京ではオリジナルプランの方が本家のキントよりも好調」というから驚きだ。今年7月~9月の3カ月間ではオリジナルプランは150件の契約があり、本家のキントの約4倍になったという。

今でも月に50件ほどの受注がある(トヨタモビリティ東京広報)ことから、好調を維持しているといえる。直営販社が本家よりも使い勝手のいいプランを展開している”ちぐはぐ感”も否めないが、顧客のニーズを掴めているのであれば、そちらも全国展開してみる意味はあるかもしれない。

1年更新のキントも存在した

キントには別の親戚もいる。地場資本の福岡トヨタが展開する「KINTO ONE FT」だ。福岡トヨタは、福岡県のトヨタ系販売会社で最大規模を誇る。最大の売りは利用期間が3年間ではなく1年間であること。本家と同じ自動車保険込みで、8車種から選べる。

本家に比べてラインナップは見劣りするが、1年おきに違う車種が使えることに魅力を感じる人もいるだろう。転勤族の多い福岡という地域では一定の需要も期待できそうだ。福岡トヨタの取り組みも参考にしながら、キントとしては今後、契約年数が3年以外のプランも追加していく方針だ。

ただ、利用期間をどのくらいに設定するかは事業者サイドとしては悩みの種だ。キントではレクサスブランド専用の別のサービス「キントセレクト」も展開する。月額で19万8000円~(税込み)で、6車種の中から好きな車種を選び、半年おきに乗り換えることができる。

今年2月からトライアルを続けているが、「半年では短すぎる」という声や「もう少し安くしてほしい」という声もあるという。たとえ半年でも使用された車は中古車になるため、その中古車をどう流通させていくかも課題だ。キントの中古車版は新車版で使われた車両の受け皿となるという意味では1つの解決策になるが、中古車版を豊富なラインナップで展開するためには、まずは新車版の普及が欠かせない。

次ページキント普及に消極的な販売会社
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT