テスラが初のピックアップトラックEVを発表

アメリカで人気高い車種、2021年終盤に生産

 米電気自動車(EV)メーカー、テスラは21日、ピックアップトラック型EVを公表した。写真は同社のイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)。カリフォルニア州で6月に撮影(2019年 ロイター/Mike Blake)

[21日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>は21日、ピックアップトラック型EVを公表した。米国で人気の高いピックアップトラックには初めての初参入で、米自動車大手の牙城をEVで切り崩す可能性がある。

ロサンゼルスで開かれた発表会で、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は新EVの販売価格は3万9900ドルからとなり、最大航続距離は500マイル(約800キロメートル)強になる見通しだと述べた。未来的な装甲車両のような外観となっている。[nL3N27M62Z]

マスク氏は「米国で最も売れている3車種はピックアップトラックだ。持続可能なエネルギーの問題を解決するため、われわれにはピックアップトラックが必要だ」と述べた。

生産は2021年終盤に開始する見通し。

マスク氏はこれより先にツイートで、新EVのデザインは1970年代に公開された人気スパイ映画シリーズの「007 私を愛したスパイ」に登場した潜水艇に変形するスポーツカー「ロータス・エスプリ」の影響を一部で受けたと説明した。

ピックアップトラック市場は現在、フォード・モーター<F.N>の「F150」並びにゼネラル・モーターズ(GM)とフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI><FCAU.N>のモデルが支配している。

ピックアップトラック型EVを投入することで、テスラの車種構成はピックアップトラック及びスポーツ用多目的車(SUV)により重心を置く。同社はこれまでセダン「モデルS」と「モデル3」を主に販売してきたが、SUVの「モデルX」も取り扱っており、来年からはコンパクトSUVの「モデルY」の販売を開始する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 角田陽一郎のMovingStudies
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT