水を飲んで「体調を崩す人」「健康になる人」の差

「キンキンに冷やした水」はむしろ体に悪い

ガブ飲みも大敵です。一度にたくさんの水を飲んでも身体が吸収できる量が限られていて、それ以外は身体を通過するのに体力を消耗する原因にもなります。飲みすぎも関節が弱くなったりいろいろな問題の引き金となるのです。

500ミリリットルのペットボトルを一気に飲み干したら飲みすぎです。暑い日にだるく感じたりすることがあると思いますが、水の飲みすぎが原因だったりします。僕は基本的にお湯か白湯を飲んでいます。身体は、体外の寒さに耐えられるが、体内の寒さには弱いのです。お湯だと一気に飲めないし、吸収されやすい。

次に食前、食事中、食後の水がNG。レストランで大好きな食事に無心でガッついて、かむ半ば水で流し込むなんてこともあると思うのですが、これは唾液、胃液などの消化液を薄め、消化すべき食べ物が胃の中でプカプカ浮く現象を招く、身体にとって非常につらい状況を作ることになるのです。

身体の中では、食後、大忙しに消化を始めたいところなのにそれを妨げて、消化不良、腹痛、ガス、肥満など落ち込む症状がそろってしまう。ちなみにお茶やコーヒーのカフェインは利尿効果があるので、飲んだときは余計に水を飲むことを心がけてください。ジュースの砂糖は肝臓の負担になるので、お好きな方はほどほどにするか、炭酸水に変えましょう。

よい水の飲み方

では次に、よい飲み方を考えましょう。「人は1日に2リットルの水を飲むべき」だとか言われていますが、僕はケース・バイ・ケースだと思います。小柄なやせ型の人、大柄な太型の人、小柄で自転車メッセンジャーを炎天下でしている人、大柄で8時間以上デスクワークをエアコン下でしている人などなど、その人の体形、体質、運動量や季節、環境によって変わってくると思います。

どこかの“誰か”が言う1日に飲むべき水の量を目的にするのではなく、本来は身体を潤し続けるのが目的だと思うので、飲む「量」を意識するのではなく、飲む「回数」を意識するほうが効果的だと僕は考えます。

100〜150ミリリットル程の水を小まめに飲むのがよいとされていて、これが吸収力の最適量ではないでしょうか。僕の場合、ゴクンっと勢いよく飲んだら大体50ミリリットルくらいになるので、水を飲むときは2~3回のゴクンを目安にしています。喉が死ぬほど渇いたと感じてガブ飲みしたいと思うときこそ、ゴクンと飲んだら一息ついて、ゴクンゴクンと飲んだら二息つきながら飲むくらいがオススメです。

次ページ「喉が渇いた」をバロメーターにするのはNG
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT