フォード初の電動SUV、名前は「マスタング」

11月17日、ロサンゼルスのイベントで初披露

 11月14日、米自動車大手フォード・モーターは、新型電動SUV (スポーツ用多目的車)の名前を「マスタング・マッハE」と発表した。米ミシガン州デトロイトで1月15日撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[14日 ロイター] - 米自動車大手フォード・モーター<F.N>は14日、新型電動SUV (スポーツ用多目的車)の名前を「マスタング・マッハE」と発表した。マスタングは1960年代にその画期的なデザイン、スポーティーな外観と手頃な価格で人気を博した米国を代表するスポーツカーブランド。

フォードはマスタング・マッハEを17日、ロサンゼルスで開催されるイベントで正式に披露する。米国、カナダと欧州では同日から注文を受け付けるという。

マスタングのクーペは米ミシガン州で生産されているが、マスタング・マッハEはメキシコのクアウティトラン工場で生産される。

マスタング・マッハEは、フォードが2022年までに発売を計画している電気自動車(EV)数十車種の最初のモデルとなる。同社はこの計画に115億ドルを投じている。

EV最大手のテスラ<TSLA.O>はスピードとパワーを売り物にして、更新可能なソフトウエアと大型ディスプレー付きのEVを販売している。フォードもマスタングの名前を利用することからこの路線を採用し、EVの実用的な「環境に優しい」車との従来の位置付けから離れるとみられる。

フォードは4月、米新興EVメーカーのリビアンに5億ドル出資。同社のプラットフォームを利用してフォードブランドの新型EVを生産する計画だ。フォードはまた独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>とも提携しており、VWのプラットフォームを利用して欧州でEVを生産する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT