フォード初の電動SUV、名前は「マスタング」

11月17日、ロサンゼルスのイベントで初披露

 11月14日、米自動車大手フォード・モーターは、新型電動SUV (スポーツ用多目的車)の名前を「マスタング・マッハE」と発表した。米ミシガン州デトロイトで1月15日撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[14日 ロイター] - 米自動車大手フォード・モーター<F.N>は14日、新型電動SUV (スポーツ用多目的車)の名前を「マスタング・マッハE」と発表した。マスタングは1960年代にその画期的なデザイン、スポーティーな外観と手頃な価格で人気を博した米国を代表するスポーツカーブランド。

フォードはマスタング・マッハEを17日、ロサンゼルスで開催されるイベントで正式に披露する。米国、カナダと欧州では同日から注文を受け付けるという。

マスタングのクーペは米ミシガン州で生産されているが、マスタング・マッハEはメキシコのクアウティトラン工場で生産される。

マスタング・マッハEは、フォードが2022年までに発売を計画している電気自動車(EV)数十車種の最初のモデルとなる。同社はこの計画に115億ドルを投じている。

EV最大手のテスラ<TSLA.O>はスピードとパワーを売り物にして、更新可能なソフトウエアと大型ディスプレー付きのEVを販売している。フォードもマスタングの名前を利用することからこの路線を採用し、EVの実用的な「環境に優しい」車との従来の位置付けから離れるとみられる。

フォードは4月、米新興EVメーカーのリビアンに5億ドル出資。同社のプラットフォームを利用してフォードブランドの新型EVを生産する計画だ。フォードはまた独フォルクスワーゲン(VW)<VOWG_p.DE>とも提携しており、VWのプラットフォームを利用して欧州でEVを生産する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。