ディー・エヌ・エーは再成長を賭け、モバゲーのオープン化・海外展開で攻勢へ


 今回のオープン化のビジネスモデルは、ゲームの課金収入のうち、携帯電話会社に支払う手数料分を除いた売り上げを、ディー・エヌ・エー30%、ゲーム会社70%の割合でシェアする。ヒットゲームが数多く登場すれば、それだけディー・エヌ・エーの収益も伸びるという仕組みだ。

会社側では、月間100万人が利用し、月額100~200円程度の課金単価が得られるゲームが年間数本程度、登場してくれることを期待する。同時に、こうしたゲームでモバゲーが活性化すれば、アバターなど既存の自社サービスの販売拡大にもつながるという狙いもある。

一方、開発会社側のモバゲーオープン化への期待も大きい。携帯ゲームを手掛ける会社は多数あるが、集客のカベが厚く利益が上がらないケースが多い。その点、1500万会員に直接アピールできるモバゲーの魅力は大きい。SNS向けのアプリケーションでは圧倒的にゲーム(ソーシャルゲーム)が人気で、その点、ゲームに特化したSNSといえるモバゲーには優位性があるといえるだろう。

オープン化と同時に、ディー・エヌ・エーでは米国や中国でのSNS運営など、海外展開も強化している。10月5日には、iPhone向けのソーシャルゲーム開発プラットフォームを提供している米オーロラフェイント社との資本業務提携を発表した。会員数3億人超のFacebookは言うに及ばず、世界のマーケットは日本の数倍規模。南場社長は「日本の開発会社はゲーム、モバイルに強い。皆さんと一緒に、海外にも出ていく」とアピールする。
(丸山 尚文)


《東洋経済・最新業績予想》
(百万円)    売 上  営業利益 経常利益  当期利益
連本2009.03  37,607 15,843 16,099 7,956
連本2010.03予 40,500 14,500 14,700 7,700
連本2011.03予 43,000 15,500 15,500 8,200
連中2008.09  17,702 7,721 7,845 4,303
連中2009.09予 18,000 6,200 6,300 3,500
-----------------------------------------------------------
         1株益¥ 1株配¥
連本2009.03  16515 1800 
連本2010.03予 16220 1800 
連本2011.03予 17273 1800 
連中2008.09  8856 0 
連中2009.09予 7373 0 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT