断る力 勝間和代著

断る力 勝間和代著

著者は、「断る力」こそが仕事の生産性を上げる最も有効な方法だと説く。嫌なことだからといって断ってばかりいては、周囲に評価されないと思うかもしれないが、そうとばかりは言えない。

何でも引き受けてソツなくこなせば、それはそれで評価されようが、そうした仕事は所詮、代替のきく汎用的なものにすぎない。そうではなく、断ることは断り、精選し減らした仕事に全力投球する。さらに空いた時間を自己投資に回せば、結果としてキャリアアップへの近道になるというのが、著者の主張だ。

周囲との軋轢を避けながら断る術、断る事と引き受ける事の峻別の仕方などを、人気経済評論家がわかりやすく解説する。

文春新書 945円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 若手社員のための「社会人入門」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。