米英で長短金利が逆転、景気後退懸念高まる

米2年債と10年債利回りが2007年以来の逆転

14日の取引で、米2年債と10年債の利回りが2007年以来初めて逆転した。ニューヨーク証券取引所で13日撮影(2019年 ロイター/EDUARDO MUNOZ)

[ロンドン 14日 ロイター] - 14日の取引で、米2年債と10年債の利回りが2007年以来初めて逆転した。世界最大の経済大国である米国がリセッション(景気後退)に向かっていると投資家が懸念していることを示す兆候だ。

2年債利回りは一時、10年債利回りを1.7ベーシスポイント(bp)上回った。

ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズのチーフマクロストラテジスト、ティム・グラフ氏は「米利回り曲線は歴史的に景気後退のシグナルと考えられるのが常だ。世界的に不安定感が増している」と述べた。

弱い経済指標、インフレ、世界的な貿易摩擦、英国の欧州連合(EU)離脱などのリスク要因を受け、世界成長への懸念が拡大。この結果、中銀による利下げ観測が市場で広がり、国債利回りが低下している。

また、リフィニティブのデータによると、英国債市場でも2年債と10年債の利回りが2008年8月以来初めて逆転した。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。