日産自動車、1万2500人の人員削減を実施へ

2022年度までに構造改革、グループの約10%

  7月25日、日産自動車は、事業構造改革の一環として、2022年度までに世界で計1万2500人を削減すると正式に発表した。グループ全体の従業員数のうち約10%に相当する。写真は決算会見を行う西川社長。横浜本社で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[横浜市 25日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は25日、事業構造改革の一環として、2022年度までに世界で計1万2500人を削減すると正式に発表した。グループ全体の従業員数のうち約10%に相当する。グローバル生産能力を18年度の720万台から22年度に660万台へと10%程度削減し、稼働率を18年度の69%から22年度に86%に高める。

今年3月末時点での連結ベースの従業員数は約13万9000人。

人員削減は、18年―19年度に8拠点で6400人、20年─22年度に6拠点で6100人を実施する。このほか、商品ラインアップを22年度までに10%以上減らす。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT