日産自動車、1万2500人の人員削減を実施へ

2022年度までに構造改革、グループの約10%

  7月25日、日産自動車は、事業構造改革の一環として、2022年度までに世界で計1万2500人を削減すると正式に発表した。グループ全体の従業員数のうち約10%に相当する。写真は決算会見を行う西川社長。横浜本社で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[横浜市 25日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は25日、事業構造改革の一環として、2022年度までに世界で計1万2500人を削減すると正式に発表した。グループ全体の従業員数のうち約10%に相当する。グローバル生産能力を18年度の720万台から22年度に660万台へと10%程度削減し、稼働率を18年度の69%から22年度に86%に高める。

今年3月末時点での連結ベースの従業員数は約13万9000人。

人員削減は、18年―19年度に8拠点で6400人、20年─22年度に6拠点で6100人を実施する。このほか、商品ラインアップを22年度までに10%以上減らす。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ドラッグストア再編第2幕<br>マツキヨ+ココカラに続くのは…

スギHDが先手を打ったココカラファイン争奪戦は、マツモトキヨシHDの勝利で決着。1月をメドに新たなトップ企業が誕生します。数年内に3社程度への集約が見込まれる次の再編の焦点は? 首位を追われるツルハHDのトップ直撃も。