日産自動車、1万2500人の人員削減を実施へ 2022年度までに構造改革、グループの約10%

拡大
縮小
  7月25日、日産自動車は、事業構造改革の一環として、2022年度までに世界で計1万2500人を削減すると正式に発表した。グループ全体の従業員数のうち約10%に相当する。写真は決算会見を行う西川社長。横浜本社で撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[横浜市 25日 ロイター] - 日産自動車<7201.T>は25日、事業構造改革の一環として、2022年度までに世界で計1万2500人を削減すると正式に発表した。グループ全体の従業員数のうち約10%に相当する。グローバル生産能力を18年度の720万台から22年度に660万台へと10%程度削減し、稼働率を18年度の69%から22年度に86%に高める。

今年3月末時点での連結ベースの従業員数は約13万9000人。

人員削減は、18年―19年度に8拠点で6400人、20年─22年度に6拠点で6100人を実施する。このほか、商品ラインアップを22年度までに10%以上減らす。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT