ヘトヘトでも作れてウマい最強「おつまみ」3品

3ステップ以内で作れる簡単レシピ

仕事で疲れて帰ってきても、3ステップ以内で作れる簡単かつ絶品おつまみとは(写真:大和書房提供)

会社帰りは疲れてヘトヘト。自分で作るのも面倒くさいし、失敗もあるし、外食もしくはコンビニご飯で済ましてしまおう。そんな方、多いのではないでしょうか。また、学生時代や、時間に余裕のあった頃は料理を好んでしていた方も、仕事が忙しくて十分な時間も確保できず、自炊がなかなかできない、という方もいらっしゃるでしょう。

拙著『ぼくのおつまみ天国』では、日々忙しく働く方々でも、超簡単に作れて、すごくおいしいおつまみを紹介しています。今回はその中から、オススメのレシピを3品、厳選してお届けします。3ステップ以内でできて、できる限り少ない材料で作れるものばかりなので、ぜひ試してみてください。

仕事を頑張った自分にご褒美を!

さて、舞台は上京3年目、文鳥サラリーマン「ごまさん」の家。疲労困憊の状態で料理をする余裕がない状況ですが、本当は自炊をしたいと思っている様子……。

そんなところに……料理の達人「マロ君」が訪ねてきます。

次ページいくらでも食べられる「ガリチーキャベツ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。