リクシル、結論は「瀬戸再任とガバナンス強化」

膨張した海外事業の混乱を収束できるか

瀬戸氏側の提案した取締役候補は、株主総会で全員が選任された。写真は今年5月開催の共同記者会見の模様。右端が瀬戸氏(撮影:風間仁一郎)

「総会が終わったからノーサイド。これからは皆で力をあわせて、この会社をよい方向にしていく」

創業家出身の潮田洋一郎・会長兼CEOと、元CEOの瀬戸欣哉氏との間で経営権をめぐる対立が続いていたLIXILグループ。6月25日の株主総会で社長兼CEOに返り咲いた瀬戸氏はそう強調した。

瀬戸氏提案の候補者8人は全員選任された

昨年10月に瀬戸社長(当時)が退任する人事が発表されて以来、9カ月近くに及ぶLIXILの経営権をめぐる争いがとりあえず決着した。会社側が提案していた8人の取締役候補者のうち、ベネッセホールディングス副社長などを務めた福原賢一氏と、財務省関税局長などを務めた竹内洋氏の2人が選任されなかった。

一方、瀬戸氏側が提案した候補者は8人全員が選任された。

25日の株主総会は都内で午前11時に始まり、午後1時40分まで決算内容の説明と質疑応答が行われた。会社によると、10人の株主が合計12の質問を行った。内容は瀬戸氏の社長解任騒動の原因究明や業績、取締役の選任内容についての質疑が多かったという。

その後、2時間の休息をはさみ、午後3時45分に結果を報告して閉会した。

次ページ「本当にいい株主総会だった」という株主も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。