中国の劉鶴副首相「今週訪米の可能性はある」 

香港の有力紙「滞在短縮・中止も有りうる」

 5月6日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは、中国の劉鶴副首相が今週訪米する可能性は残されていると報じた。写真はワシントンで2月撮影(2019年 ロイター/Carlos Barria)

[北京 6日 ロイター] - 香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは6日、中国の劉鶴副首相が今週訪米する可能性は残されていると報じた。ただ、滞在期間を短縮する可能性や、訪米を取りやめる可能性もあるという。

同紙は当初、劉副首相は訪米するが、滞在を予定より短縮すると報じ、中止の可能性には言及していなかった。

同紙が最新の計画について説明を受けた関係筋の情報として伝えたところによると、劉副首相は9日にワシントンを訪れ、翌日まで滞在する可能性があるという。

トランプ米大統領は5日、2000億ドル相当の中国製品に対する関税を10日から引き上げると表明し、現在関税を課していない3250億ドル相当の中国製品についても、近く関税を発動する考えを示した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT