経営にカリスマはいらない 森一夫著

経営にカリスマはいらない 森一夫著

企業を経営するうえで必要な技術や会計、人事など具体的知識は、その都度、最適なものを動員すればよい。肝心なのは、経営環境が目まぐるしく変わるグローバル化の中で、企業価値を高める戦略をどのように策定し、いかに効率的に実行するかだ。それこそが「経営」である。

日経のベテラン記者の著者が、カリスマ不要な「屈託のない経営」の実例から、そのエッセンスを、「自ら変わることを恐れぬ勇気」「明快でぶれの無い目的意識」「理外の理を生かす鋭敏な感性」「したたかで徹底した合理的思考」「個人の意欲を結集する全員参加型経営」の五つに集約。10社の例を中心に、自力でのし上がってきた経営者の人間力を分析・評価する。

日経プレミアシリーズ 892円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。