東急電鉄が社名変更、電鉄を外して「東急」だけ

鉄道事業を分社化し、子会社名は「東急電鉄」

東急の新型車両6020系(左)と2020系(右)。鉄道事業分社化後の新社名は「東急電鉄」になる(撮影:大澤誠)

東京急行電鉄(東急)は3月27日、今年9月に実施する鉄道事業分社化後の社名を「東急株式会社」に変更すると発表した。6月の株主総会で承認を受け、創立記念日である9月2日に実施する。

また、分割した鉄道事業を承継する子会社を4月25日に設立することも決めた。「東急電鉄分割準備株式会社」として設立したのち、9月2日に「東急電鉄株式会社」に社名を変更する予定だ。

略称が正式社名に

現在の社名「東京急行電鉄」は、同社の前身である東京横浜電鉄が1942年5月1日に、戦時体制下で京浜電気鉄道(京浜急行電鉄の前身)、小田急電鉄と合併した際に商号変更して以来のもの。77年を経て、幅広く知られる略称の「東急」が正式な社名になる。

鉄道事業を分社化した後の「東急」には不動産事業などが残り、鉄道事業子会社をはじめとするグループ各社を束ねる事業持株会社となる。新社名は「引き続き東急グループ全体の代表企業として、東急グループの持続的成長を主導するため」などとして決めたという。英文社名は「TOKYU CORPORATION」で、現在の東京急行電鉄と同じ。東急電鉄株式会社は「TOKYU RAILWAYS」となる。

東急は2018年9月、鉄道事業の分社化を2019年9月をメドに進めると発表。狙いについて同社は「事業環境を取り巻く環境の変化へいっそうのスピード感を持って対応するため」と説明する。東急の鉄道事業は順調で、2017年度の輸送人員は11億7800万人と3年連続で過去最多を更新。2018年に発表した中期3カ年経営計画によると、東急線沿線17市区の人口のピークは2035年の見込みで、輸送人員の増加は当面続きそうだ。

次ページ混雑対策など鉄道の課題は多い
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT