iPhoneのみで完結できる「Apple Card」の正体

アップルの新クレカは銀行への脅威となるか

3月25日、Apple Park内のSteve Jobs Theaterでアップルブランドのクレジットカード「Apple Card」を発表するティム・クックCEO(筆者撮影)

アップルは3月25日、Apple Park内のSteve Jobs Theaterで新サービスを発表するイベントを開催した。この中でテレビ番組や雑誌、ゲームのサブスクリプションサービスとともに発表されたのが、アップルブランドのクレジットカード「Apple Card」だ。

Apple CardはiPhoneのみでその場で発行することができるクレジットカードだ。

これまでのApple Payでは、発行済みのクレジットカードをiPhoneで読み込ませてApple Payとして利用できるようにする仕組みだった。そのためアップルは日本を含む世界各国のカード発行銀行に、Apple Payの普及を広げてきた経緯があった。

しかしApple CardはApple Pay主体のクレジットカードだ。プラスティックカードの到着を待たず、すぐにApple Payとして設定されて使えるようになる仕組みになった。

Apple Payが利用できない店舗向けに実物のカードも発行されるが、チタン製で券面にはカード番号や有効期限、セキュリティーコードの表示はなく、すべてiPhone内で調べることになる。

既存のカードの「概念」を覆す

Apple Card発行に当たり、Appleがパートナーに選んだのはゴールドマン・サックス。iPhone向けにデザインし直したクレジットカードは、利用残高や支払期日までの日数などもすべてiPhoneのWalletアプリ内で確認できるという。

さらに会場が驚かされたのは、遅延損害金、年会費、海外利用手数料、限度額超過手数料を廃止し、より低い利率を実現している。そのうえで、通常のApple Payの買い物で2%、Apple StoreやAppleのサブスクリプションサービスは3%のキャッシュバックを設定した。

しかも、そのキャッシュバックは「デイリーキャッシュ」と呼ばれ、1カ月ごと、1年ごと、あるいはポイント付与ではなく、毎日Apple Pay Cashを通じて現金価値としてキャッシュバックが行われる。

Apple Pay Cashはすでにアメリカなどでサービスが提供されている個人間決済をiMessageで可能にする仕組みだが、そのまま店舗での決済にも利用でき、手数料ゼロで自分の銀行口座に戻すこともできる。つまり本当の意味でのキャッシュバックが毎日受けられるのだ。

次ページiPhone内で消費の傾向がグラフで見られる
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。