スマホ対応と医療保険強化が最重要課題

岩瀬大輔・ライフネット生命社長に聞く

——スマホ対応も重要ですね。

10月28日にスマホサイトのリニューアルをした。その後、当社を取り上げたテレビ番組の再放送もあり、スマホ経由での申し込み件数が大きく増えている。リニューアルに際しては、持病のある方や過去に病気をした方でもスマホ経由で申し込めるようにした。また、操作途中までの情報を保存して、パソコンで続きができるようにするなど、スマホとパソコンの連動性を強化した。現在はウェブ中心だが、申し込み経路の多様化も検討課題だ。

——医療保険では、対面チャネルを中心とする保険会社が保険料の安さを売りにする商品を次々に投入しています。同分野への対応も必要ですね。

死亡保障商品は依然として競争力がある一方、医療保険の見直しが必要だと考えている。まったく新しい商品を出すことよりも、まずは既存商品のリニューアルが先だ。

——韓国で合弁会社を設立しました。

プロジェクトは3年前から検討してきた。上場時にも調達資金の一部を海外での事業展開に用いると申し上げてきた。金融機関の育成は、10年、20年かけて行うものだ。IT先進国である韓国で築いたノウハウを日本に持ち帰ることもできると考えている。

——成長力回復の手応えは。

新契約が伸びているかどうかにマーケットが注目しているのは確かだ。私たちがこれまで短期的な成長性を強調してきたのも事実だ。ただしより重要なのは、長期的な視野でネット生保のビジネスモデルを確立することだ。すでに一定の認知度とブランドは確立している。スイス・リー社という安定株主を迎え入れ、海外展開も約束どおり遂行している。あとは環境変化にきちんと合わせていけるかどうかだ。

(撮影:今 祥雄)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スクープ! 積水ハウス地面師事件<br>「封印された報告書」の全貌

「なぜ積水はだまされたのか」。2年前の地面師グループによる大型詐欺事件。謎を解く同社の内部資料を本誌が独自に入手した。だまされた積水が調査報告書の公開を拒む理由は。取引を承認した役員が現在も要職にある“闇”をいま明かす。