日経平均は236円安、利益確定売りが先行

中国株安も影響だが円安で大崩れは免れる

 11月9日、東京株式市場で日経平均は反落した。前日大幅高の反動で朝方から利益確定売りが先行。中国株の軟調推移もあり下げ幅は一時250円を超えたが、為替の円安が支えとなり大崩れは免れた。写真は東京証券取引所で10月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 9日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落した。前日大幅高の反動で朝方から利益確定売りが先行。中国株の軟調推移もあり下げ幅は一時250円を超えたが、為替の円安が支えとなり大崩れは免れた。

市場には、米長期金利の高止まりに対する警戒もあった。「米10年債利回りが3.2%を超える水準となっており、予断は許さない。2月や10月の株価急落は米金利の上昇が起点となっただけに注意が必要だ」(国内証券)との声が出ていた。

「前日大幅高の反動、中国株安、決算発表への警戒などで円安を生かしきれなかったが、特段悪材料が出ているわけではない。テクニカル的にも25日移動平均線がある2万2300円近辺は売り買いが交錯しやすい」(SBI証券の投資調査部長、鈴木英之氏)との指摘もあった。

TOPIXは0.49%安。セクター別では石油・石炭製品、鉱業、非鉄金属、機械などが下落率上位に並んだ。一方、繊維、空運、陸運、水産・農林などは堅調だった。

個別銘柄では、セーレン<3569.T>や福山通運<9075.T>が大幅続伸。8日に発表した2019年3月期の連結当期予想の上方修正や自社株買いが好感された。

一方、資生堂<4911.T>は反落。8日発表した18年1─9月期の連結営業利益は前年同期比43.5%増だったが、7─9月期は営業減益で、これを嫌気した売りが先行した。

東証1部の騰落数は、値上がり1047銘柄に対し、値下がりが971銘柄、変わらずが94銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22250.25 -236.67

寄り付き    22471.31

安値/高値   22226.01─22494.58

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1672.98 -8.27

寄り付き     1680.54

安値/高値    1670.51─1686.84

 

東証出来高(万株)144729

東証売買代金(億円) 25967.33

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 家族の法廷から
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。