3.67億円は取りすぎ?FTトップの報酬に批判

記者の抗議を受けて一部を返納

 8月15日、英紙フィナンシャル・タイムズのジョン・リディングCEOは、記者らの不満に応えて2017年の報酬260万ポンド(3億6700万円)を社に一部返納すると発表した。写真は2015年、ロンドンでインタビューに応じる同CEO(2018年 ロイター/Suzanne Plunkett)

[ロンドン 15日 ロイター] - 英紙フィナンシャル・タイムズのジョン・リディング最高経営責任者(CEO)は、記者らの不満に応えて2017年の報酬260万ポンド(3億6700万円)を社に一部返納すると発表した。

リディングCEOは17年の報酬増加分51万ポンド(税引き前)をFTに再投資する。最初の使途は、より多くの女性を上級職に登用するための資金になるとしている。

同紙の「ジャーナリスト全国組合」の共同代表であるスティーブ・バード氏は今月、FTの編集者および記者への書簡で、リディング氏の報酬が法外に高いとし、一部を返納して給与の低い社員に回すよう訴えていた。

リディング氏は従業員向けの電子メールで、自身の報酬は2015年にFTを買収した日本経済新聞社が定めたもので、外部の査定を経ており、業績給の性格が強いと説明。

その上で「わが社の業績は好調だが、その結果として、私自身の2017年の報酬額が急増したことは異常に感じられ、懸念を生じさせた」と認めた。

電子メールはロイターが確認した。

ジャーナリスト全国組合はリディング氏の決定を歓迎する決議を満場一致で可決した。ただ、これだけでは不十分だとし、研修生の賃上げなどを求めている。

日本経済新聞社は、リディング氏およびそのチームの下でのFTの成長ぶりと、FTと日経の提携の成功に非常に満足しており、同氏が提案した報酬の調整を尊重するとの声明を出した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。