BMW、米国製SUVの中国価格を引き上げへ

関税コストの増加に対応

 7月29日、独高級自動車メーカーのBMWは、中国で販売する米サウスカロライナ州工場生産のスポーツタイプ多目的車(SUV)2種類の価格を引き上げる。写真は同社ロゴ。NY市で3月撮影(2018年 ロイター/Shannon Stapleton)

[ベルリン 29日 ロイター] - 独高級自動車メーカーのBMW<BMWG.DE>は、中国で販売する米サウスカロライナ州工場生産のスポーツタイプ多目的車(SUV)2種類の価格を引き上げる。中国が輸入米国車に関税を課したことによるコスト増大に対応するためだ。

BMWがロイターに説明したところでは、利益率の高い「X5」と「X6」の販売価格が30日から4─7%高くなる。同社の広報担当者は「BMWは自由(貿易)を支持する立場だが、市場の変化に対して手をこまねいていることはできない」と述べ、関税の負担を値上げで吸収する意向を示唆した。

中国ではSUV需要が拡大しつつあり、BMWは昨年米国から中国に10万台強を出荷した。同社が中国向けに輸出する米国産SUVとしては「X4」もあるが、今回同モデルの価格には言及していない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 「コミュ力」は鍛えられる!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。