「アイコス」全9銘柄、1箱40円値上げを申請  

フィリップモリスが申請、460円が500円に

 7月26日、フィリップ・モリス・ジャパン(東京都千代田区)は加熱式たばこ「アイコス」専用のたばこ全9銘柄で1箱40円の値上げを財務省に申請したと発表した。現行460円が500円になる。4月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai/Illustration)

[東京 26日 ロイター] - フィリップ・モリス・ジャパン(東京都千代田区)は26日、加熱式たばこ「アイコス」専用のたばこ全9銘柄で1箱40円の値上げを財務省に申請したと発表した。現行460円が500円になる。

これはたばこ増税に伴う値上げで、財務省から認可を得られた場合、10月1日から改定する。

同社は6月、紙巻たばこの値上げ申請を行っている。認可されれば、「マールボロ・ボックス」は現行470円が520円に引き上げられる。同社は、紙巻たばこに比べて加熱式たばこの値上げ幅を抑えることで、加熱式たばこへのシフトを進めたい考え。

加熱式たばこの値上げ申請は同社が初めて。今後、「アイコス」を追う立場にあるJT <2914.T>や英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)<BATS.L>の動向が注目される。

 

(清水律子)

関連記事
トピックボードAD
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。