「アイコス」全9銘柄、1箱40円値上げを申請  

フィリップモリスが申請、460円が500円に

 7月26日、フィリップ・モリス・ジャパン(東京都千代田区)は加熱式たばこ「アイコス」専用のたばこ全9銘柄で1箱40円の値上げを財務省に申請したと発表した。現行460円が500円になる。4月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai/Illustration)

[東京 26日 ロイター] - フィリップ・モリス・ジャパン(東京都千代田区)は26日、加熱式たばこ「アイコス」専用のたばこ全9銘柄で1箱40円の値上げを財務省に申請したと発表した。現行460円が500円になる。

これはたばこ増税に伴う値上げで、財務省から認可を得られた場合、10月1日から改定する。

同社は6月、紙巻たばこの値上げ申請を行っている。認可されれば、「マールボロ・ボックス」は現行470円が520円に引き上げられる。同社は、紙巻たばこに比べて加熱式たばこの値上げ幅を抑えることで、加熱式たばこへのシフトを進めたい考え。

加熱式たばこの値上げ申請は同社が初めて。今後、「アイコス」を追う立場にあるJT <2914.T>や英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)<BATS.L>の動向が注目される。

 

(清水律子)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。