「アイコス」全9銘柄、1箱40円値上げを申請  

フィリップモリスが申請、460円が500円に

 7月26日、フィリップ・モリス・ジャパン(東京都千代田区)は加熱式たばこ「アイコス」専用のたばこ全9銘柄で1箱40円の値上げを財務省に申請したと発表した。現行460円が500円になる。4月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai/Illustration)

[東京 26日 ロイター] - フィリップ・モリス・ジャパン(東京都千代田区)は26日、加熱式たばこ「アイコス」専用のたばこ全9銘柄で1箱40円の値上げを財務省に申請したと発表した。現行460円が500円になる。

これはたばこ増税に伴う値上げで、財務省から認可を得られた場合、10月1日から改定する。

同社は6月、紙巻たばこの値上げ申請を行っている。認可されれば、「マールボロ・ボックス」は現行470円が520円に引き上げられる。同社は、紙巻たばこに比べて加熱式たばこの値上げ幅を抑えることで、加熱式たばこへのシフトを進めたい考え。

加熱式たばこの値上げ申請は同社が初めて。今後、「アイコス」を追う立場にあるJT <2914.T>や英ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)<BATS.L>の動向が注目される。

 

(清水律子)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT