テスラ、中国での販売価格を2万ドル引き上げ

米中貿易摩擦の影響じわり

 7月9日、米電気自動車(EV)メーカーのテスラは「モデルX」と「モデルS」の中国での販売価格を2万ドル強引き上げた。米カリフォルニア州コスタメサのテスラサービスセンターで2018年6月撮影(2018年 ロイター/Mike Blake)

[9日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカーのテスラ<TSLA.O>は「モデルX」と「モデルS」の中国での販売価格を2万ドル強引き上げた。自動車ニュースのウェブサイト、Electrekが9日伝えた。米中間の関税の応酬による影響が出始めている兆候が浮き彫りとなった。 

それによると、両車種の価格はバージョンにもよるが、週末に15万─25万元(2万2600─3万7600ドル)引き上げられた。

CFRAリサーチのアナリスト、エフライム・レビー氏は「値上げは販売に響くだろうが、赤字続きのテスラには関税に絡むコスト増を吸収することはできず、値上げはやむを得ないのだろう」と指摘した。

ノルドLBのアナリスト、フランク・シュウォープ氏は「資金が手薄となる中、テスラが全面的な値上げに動くのではないかと考える。9%の人員削減もその兆候だ。2020年前に黒字化することは想定していない」と述べた。

テスラからコメントは得られていない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT