イオン、グループデベロッパー事業機能を統合

イオンリテールの商業施設をイオンモールが管理へ

10月24日、イオンは、グループのデベロッパー事業の機能を11月1日付で統合すると発表。写真は同社のロゴ。1月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - イオン<8267.T>は24日、グループのデベロッパー事業の機能を11月1日付で統合すると発表した。イオンリテールの69の商業施設をイオンモール<8905.T>が管理・運営する。これにより、イオンモールが管理・運営する商業施設は国内131施設となる。

総合スーパー(GMS)事業や総合金融事業に続き、イオンが進めてきたグループの構造改革の一環。イオンリテールはGMS事業に専念する体制となる。

デベロッパー事業では、モール型商業施設の名称を「イオンモール」に統一。2012年にはマーケティングや開発機能の統合などを実施しており、今回、商業施設の運営・管理業務をイオンモールに集約することで、デベロッパー事業の機能統合が終了する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT