イオン、グループデベロッパー事業機能を統合

イオンリテールの商業施設をイオンモールが管理へ

10月24日、イオンは、グループのデベロッパー事業の機能を11月1日付で統合すると発表。写真は同社のロゴ。1月撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - イオン<8267.T>は24日、グループのデベロッパー事業の機能を11月1日付で統合すると発表した。イオンリテールの69の商業施設をイオンモール<8905.T>が管理・運営する。これにより、イオンモールが管理・運営する商業施設は国内131施設となる。

総合スーパー(GMS)事業や総合金融事業に続き、イオンが進めてきたグループの構造改革の一環。イオンリテールはGMS事業に専念する体制となる。

デベロッパー事業では、モール型商業施設の名称を「イオンモール」に統一。2012年にはマーケティングや開発機能の統合などを実施しており、今回、商業施設の運営・管理業務をイオンモールに集約することで、デベロッパー事業の機能統合が終了する。

人気記事
トピックボードAD
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 家族会議のすすめ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
大停電の北海道電力<br>情報開示を豪州に学べ

大地震をきっかけに、北海道全域で大規模停電が発生した。電力復旧は急ピッチだが、情報開示への消極姿勢は疑心暗鬼を招いた。2年前に大停電が起きた豪州の事例に学ぶ点が多い。