毎年300億本!フランス人「ポイ捨て」の惨状

政府はたばこ会社に対応を求めているが…

パリの街中で大量に捨てられているたばこの吸い殻(写真:REUTERS/Emmanuel Foudrot)

6月14日、フランス政府はたばこ会社に対し、今後3カ月以内に自発的行動をとらない限り、道路を散らかし水を汚染するたばこの吸い殻の害を終結する義務を課すことを明らかにした。

パリでは毎年350トンの吸い殻が投げ捨てられる

パリの街では、壁に埋め込まれた灰皿があり、道路への吸い殻投げ捨てが見つかった人に68ユーロ(80ドル)の罰金の脅しがあるにもかかわらず、毎年350トンのたばこの吸い殻が収集される。

6月14日、「9月までに有効な関与計画が提示されなければ、政府はタバコ会社に対し、廃棄物の回収に取り組むことを義務付ける」と産業界の代表者との会議に先立ち、ブルーン・ポアソン環境省副大臣は述べた。

同省によれば、フランスで毎年300億本の吸い殻が捨てられており、そのうちの10本中4本以上が浜や森林、川、海に流れ着くと推測されている。

フィルター1つで、そこに含まれる化学物質のために数百リットルの水を汚染する可能性があり、分解されるまでに10年以上かかり得る、とポワソン副大臣は述べた。

次ページ強制的なリサイクル計画
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。