汚染水問題は前例ない困難な事業

安倍首相、政府対応の必要性を強調

10月4日、安倍晋三首相は、東京電力福島第1原発の廃炉や汚染水問題に言及し「世界に前例のない困難な事業」などと語った。写真は1日、都内で撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 4日 ロイター] - 安倍晋三首相は4日昼、政府・与党連絡会議の席上で、東京電力<9501.T>福島第1原発の廃炉や汚染水問題に言及し「世界に前例のない困難な事業だが、汚染水の影響が外部の環境に及ぶことがないよう対策を講じ、国民の健康を守っていかねばならない」と、政府の対応の必要性を強調した。

また、首相は1日に消費増税と経済対策を閣議決定したことに関し「今後とも政府・与党一体となって各政策を前に進めるとともに、国民に対し丁寧に理解を得る努力をしていく」と表明した。

公明党の山口那津男代表は、政府の消費税引き上げ決定を「高く評価する」としたうえで「次の10%段階への準備も検討していかなければならない」と述べ、軽減税率導入に向けた議論に政府の協力を求めた。

(ロイターニュース 基太村真司:編集 内田慎一)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT