汚染水問題は前例ない困難な事業

安倍首相、政府対応の必要性を強調

10月4日、安倍晋三首相は、東京電力福島第1原発の廃炉や汚染水問題に言及し「世界に前例のない困難な事業」などと語った。写真は1日、都内で撮影(2013年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 4日 ロイター] - 安倍晋三首相は4日昼、政府・与党連絡会議の席上で、東京電力<9501.T>福島第1原発の廃炉や汚染水問題に言及し「世界に前例のない困難な事業だが、汚染水の影響が外部の環境に及ぶことがないよう対策を講じ、国民の健康を守っていかねばならない」と、政府の対応の必要性を強調した。

また、首相は1日に消費増税と経済対策を閣議決定したことに関し「今後とも政府・与党一体となって各政策を前に進めるとともに、国民に対し丁寧に理解を得る努力をしていく」と表明した。

公明党の山口那津男代表は、政府の消費税引き上げ決定を「高く評価する」としたうえで「次の10%段階への準備も検討していかなければならない」と述べ、軽減税率導入に向けた議論に政府の協力を求めた。

(ロイターニュース 基太村真司:編集 内田慎一)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT