日経平均続落、2万4000円到達で目標達成感

朝方は買いが先行したが結局はマイナス

 1月18日、東京株式市場で日経平均は続落した。前日の米国株市場でダウが大幅上昇となり、初めて終値で2万6000ドル台に乗せた流れを引き継ぎ、寄り付きは買いが先行。取引時間中としては1991年11月18日以来、26年2カ月ぶりに2万4000円台を回復した。写真は都内で2015年1月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続落した。前日の米国株市場でダウ<.DJI>が大幅上昇となり、初めて終値で2万6000ドル台に乗せた流れを引き継ぎ、寄り付きは買いが先行。取引時間中としては1991年11月18日以来、26年2カ月ぶりに2万4000円台を回復した。だが、高寄りした後は目先の目標達成感から利益確定売りに押され、じりじりと上げ幅を縮めた。後場に入ると銀行や商社など直近上昇したセクターを中心にポジション調整などの売り圧力が強くなり、下げに転じた。

TOPIXは0.74%安だった。東証1部の売買代金は3兆5901億円で今年最高だった。セクター別では保険が下落率トップ。水産・農林、非鉄、化学が続いた。一方、上昇率トップはゴム製品。その他製品、精密機器、電機なども買われた。値がさハイテク株の一角には海外勢の買いが継続したとみられている。市場では「米国株の強さは申し分ないが、円相場が下げ渋ったことで日経平均2万4000円から上値を買う動きにならなかった。来週行われる日銀金融政策決定会合を見極めたいところだ」(カブドットコム証券投資ストラテジストの河合達憲氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、ニプロ<8086.T>が7日ぶりに反発。脳動脈瘤(りゅう)の治療に使う器具の脳血管用カテーテルを2019年から国内生産するとの一部報道を材料視した。半面、ファルテック<7215.T>が反落。17日、棚卸資産評価や中国における子会社の売り上げ計上を巡り、不適切な会計処理が行われていた疑いが判明したと発表し、嫌気された。

東証1部の騰落数は、値上がり371銘柄に対し、値下がりが1625銘柄、変わらずが68銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      23763.37 -104.97

寄り付き    24078.93

安値/高値   23699.47─24084.42

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1876.86 -13.96

寄り付き     1906.39

安値/高値    1874.78─1906.39

 

東証出来高(万株) 182075

東証売買代金(億円) 35901.32

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT