日経平均続落、2万4000円到達で目標達成感

朝方は買いが先行したが結局はマイナス

 1月18日、東京株式市場で日経平均は続落した。前日の米国株市場でダウが大幅上昇となり、初めて終値で2万6000ドル台に乗せた流れを引き継ぎ、寄り付きは買いが先行。取引時間中としては1991年11月18日以来、26年2カ月ぶりに2万4000円台を回復した。写真は都内で2015年1月撮影(2018年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 18日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は続落した。前日の米国株市場でダウ<.DJI>が大幅上昇となり、初めて終値で2万6000ドル台に乗せた流れを引き継ぎ、寄り付きは買いが先行。取引時間中としては1991年11月18日以来、26年2カ月ぶりに2万4000円台を回復した。だが、高寄りした後は目先の目標達成感から利益確定売りに押され、じりじりと上げ幅を縮めた。後場に入ると銀行や商社など直近上昇したセクターを中心にポジション調整などの売り圧力が強くなり、下げに転じた。

TOPIXは0.74%安だった。東証1部の売買代金は3兆5901億円で今年最高だった。セクター別では保険が下落率トップ。水産・農林、非鉄、化学が続いた。一方、上昇率トップはゴム製品。その他製品、精密機器、電機なども買われた。値がさハイテク株の一角には海外勢の買いが継続したとみられている。市場では「米国株の強さは申し分ないが、円相場が下げ渋ったことで日経平均2万4000円から上値を買う動きにならなかった。来週行われる日銀金融政策決定会合を見極めたいところだ」(カブドットコム証券投資ストラテジストの河合達憲氏)との声が出ていた。

個別銘柄では、ニプロ<8086.T>が7日ぶりに反発。脳動脈瘤(りゅう)の治療に使う器具の脳血管用カテーテルを2019年から国内生産するとの一部報道を材料視した。半面、ファルテック<7215.T>が反落。17日、棚卸資産評価や中国における子会社の売り上げ計上を巡り、不適切な会計処理が行われていた疑いが判明したと発表し、嫌気された。

東証1部の騰落数は、値上がり371銘柄に対し、値下がりが1625銘柄、変わらずが68銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      23763.37 -104.97

寄り付き    24078.93

安値/高値   23699.47─24084.42

 

TOPIX<.TOPX>

終値       1876.86 -13.96

寄り付き     1906.39

安値/高値    1874.78─1906.39

 

東証出来高(万株) 182075

東証売買代金(億円) 35901.32

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。