神戸製鋼所、経営幹部の改ざん「関与」が浮上

外部調査委の調査完了は2月末まで延期

品質データ改ざん問題に揺れる神戸製鋼所。今回新たに経営幹部の関与が浮上した(撮影:ヒラオカスタジオ)

やはり経営幹部が改ざんに「関与」していた。

神戸製鋼所は12月21日、一部製品の品質データ改ざん・捏造問題で、アルミ・銅事業部門を担当する執行役員3人が不正行為の一部を「認識」していたと発表した。弁護士3人からなる外部調査委員会が会社側に報告したもので、同調査委は関与の状況など詳細について引き続き調査している。

副社長に報告はなかったというが・・・

神戸製鋼所はこれまで、不正に関与したのは工場など現場の社員として、執行役員を含む経営陣の関与は確認されていないとしていた。

今回、不正の認識が判明した執行役員3人は、常務執行役員の藤井拓己氏と磯野誠昭氏、執行役員の平田誠二氏。藤井氏は2009~2011年にアルミ鍛造品の大安工場長を務め、磯野氏は2008~2013年に長府製造所の銅板工場長を務めており、その当時から不正を認識していた。平田氏は工場長の経験はないが、2017年4月からアルミ・銅部門担当の執行役員となり、何らかの形で不正を把握したという。

記者会見した梅原尚人・代表取締役副社長は「これら執行役員3人が不適切行為に直接関与したり、具体的な指示を出したりしたという報告はない。あくまで認識していたということだ」と語った。

不正を把握した後、是正策・改善策を採ろうとした形跡もあったが、結果的に不正は止められず、上長であるアルミ・銅部門トップの金子明・代表取締役副社長にも報告されなかったという。「取締役会への報告はされていない」と、自ら取締役を務める梅原副社長は断言した。

次ページ「不正は問題ない」と考えていたのと同じ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT