エイベックス、新理念・新ロゴ・新本社の狙い メガヒットを生み出すための仕組み作り

拡大
縮小
エイベックスは2017年11月、ロゴも刷新。社名の「a」と企業理念のMad+Pureのメビウスの輪をイメージしている(撮影:田所千代美)

「おかしいんじゃないの」――といわれても、純粋に追い続け、「それってマジ!?」を生む。2017年4月にエイベックスが定めた新たな企業理念(会社側の説明ではタグライン)、「Really! Mad+Pure」を翻訳すると、そんな意味になる。

155億円投じた新本社の中身

エイベックスの業績は2013年3月期をピークに減益が続く。そこで同社は2016年5月に成長戦略を刷新。「第3創業」を掲げ、ライブ・アニメ・デジタル領域への注力、組織改革、経営理念の見直しを打ち出していた。

そして2017年5月に冒頭の「Really! Mad+Pure」を経営理念として策定。新たな組織や働き方改革の一環として、新本社を12月1日に竣工させた。

南青山通りに面した本社は地上17階、地下2階建て、延べ床面積は2万8344平方メートル。社員約1500人が働く巨大オフィスだ。総工費は有価証券報告書によれば、155億円に達する。

竣工を前にした11月30日、エイベックスは報道陣向けの内覧会を実施した。プロジェクトを担当した加藤信介グループ執行役員は「エンターテインメント企業ならではのオフィスを実現したかった」「コミュニケーションが生まれる場所にしたい」と語る。

今回竣工した新本社の特徴は大きく分けて3つある。

次ページ新本社の特徴は?
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT