エイベックス、新理念・新ロゴ・新本社の狙い

メガヒットを生み出すための仕組み作り

エイベックスは2017年11月、ロゴも刷新。社名の「a」と企業理念のMad+Pureのメビウスの輪をイメージしている(撮影:田所千代美)

「おかしいんじゃないの」――といわれても、純粋に追い続け、「それってマジ!?」を生む。2017年4月にエイベックスが定めた新たな企業理念(会社側の説明ではタグライン)、「Really! Mad+Pure」を翻訳すると、そんな意味になる。

155億円投じた新本社の中身

エイベックスの業績は2013年3月期をピークに減益が続く。そこで同社は2016年5月に成長戦略を刷新。「第3創業」を掲げ、ライブ・アニメ・デジタル領域への注力、組織改革、経営理念の見直しを打ち出していた。

そして2017年5月に冒頭の「Really! Mad+Pure」を経営理念として策定。新たな組織や働き方改革の一環として、新本社を12月1日に竣工させた。

南青山通りに面した本社は地上17階、地下2階建て、延べ床面積は2万8344平方メートル。社員約1500人が働く巨大オフィスだ。総工費は有価証券報告書によれば、155億円に達する。

竣工を前にした11月30日、エイベックスは報道陣向けの内覧会を実施した。プロジェクトを担当した加藤信介グループ執行役員は「エンターテインメント企業ならではのオフィスを実現したかった」「コミュニケーションが生まれる場所にしたい」と語る。

今回竣工した新本社の特徴は大きく分けて3つある。

次ページ新本社の特徴は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 奨学金借りたら人生こうなった
  • ベテラン車両の肖像
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT