ユニ・チャームが「高級ペット食」に励む理由

ドッグフード市場は縮小でも新商品を投入

ユニ・チャームが高級ドッグフードの商品を初めて販売したのは2014年のこと。当初はドライタイプといわれる、粒状で乾燥させた商品からスタートした。原材料には生肉の角切りビーフや小魚を使用するなど、飼い主からのさまざまな要望に応える形で商品化した。

飼い主だけではなく、犬の好みもそれぞれ異なることから、「いろいろな試作品を犬に食べてもらい、どれがいちばん犬の味覚に合うのか甲子園のようなトーナメント方式で発売する商品を絞っていった」(グローバルマーケティング本部の小竹康正氏)。

食の悩み解消を狙う

2017年4月に発売した「グラン・デリ ワンちゃん専用おっとっと」は、今秋に新たなフレーバーを投入(写真:ユニ・チャーム)

飼い主からは食べ物の好き嫌いや食べ残しなど、食に関する悩みの声も多く聞かれるようになった。そこで登場したのがウェットタイプだ。ドライタイプに比べてにおいが強く、食いつきがいいとされる。かむ力が弱い老犬でも食べやすいのも特長だ。

そのほか、今年4月には森永製菓と共同開発した「グラン・デリ ワンちゃん専用おっとっと」といった犬用のおやつも発売するなど、ユニークな商品も展開している。

高級ドッグフードに力を入れているのはユニ・チャームだけではない。「ぺディグリー」など展開するマース社も積極的に商品を投入している。消化しやすい自然素材を使用した「ニュートロ」というシリーズは年々ラインナップを拡充するなど、販売は順調に推移している。

ユニ・チャームといえば、おむつ大手というイメージが強い。同社の業績を見ると、幼児・大人用おむつや化粧用品などを扱うパーソナルケア事業が売り上げ全体の約9割を占める。他方、ペットフードなどを含むペットケア事業は1割程度にすぎない。グローバルマーケティング本部の小竹氏は「まずは認知度を高めていくために、テレビCMも投入していく。高級ドッグフードの代名詞がグラン・デリでありたい」と意気込む。

ドッグフード市場が縮小する中で、ペット関連事業を新たな柱として確立することができるか。幅広いニーズに応えた高付加価値商品の投入を継続できるかがカギとなる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT