独り勝ち続くユニクロ、怒濤のパンツ600万本大攻勢

独り勝ち続くユニクロ、怒濤のパンツ600万本大攻勢

昨秋から続く衣料品の低迷。この春夏もほとんどの百貨店や専門店が苦戦を強いられ、業績修正も相次ぐ。だが「ブラトップ」などのヒット商品を連発し、“独走状態”のユニクロは別。さらに攻勢をかける構えだ。

秋商戦では目玉として女性向けの「スリムボトムス」を投入。細身の美脚シルエットと豊富なカラーバリエーションを売りに、600万本を販売する計画だ。ユニクロはこの2年間、手薄だった女性向け商品の強化に取り組んできた。今回はイメージキャラクターに藤原紀香さんを起用し、広告宣伝も大々的に実施。「自信作を黙って店頭に並べていても消費者は気づいてくれない。これだけ厳しい環境下で生き残るには、あらゆる媒体を駆使し、商品の詳細な情報をニュースとして伝えることが必要」(大苫直樹COO)と力を込める。

一方で注目されるのは、大手海外アパレルの日本上陸だ。9月13日、世界28カ国で1500店超を展開する衣料品専門店の「H&M」が、いよいよ銀座に日本第1号店を開く。同社は最先端のトレンドを取り入れたファッション性の高い品ぞろえが特徴で、価格帯はユニクロとほぼ重なる。これに対しては、「新規プレーヤーの参入でマーケット全体が刺激されるので、われわれにとっても大きなチャンス」(大苫氏)との構え。活性化の期待があるとはいえ、消費者の財布のひもは簡単に緩みそうもない。はたしてユニクロの独り勝ちはどこまで続くのか。

(堀越千代 撮影:尾形文繁 =週刊東洋経済)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。