米国でも「iPhone8」発売、店舗の客は少なめ

例年の新モデル発売当日ほど行列にならず

 9月22日、米アップル「iPhone(アイフォーン)」の新モデル「8」「8プラス」、腕時計型端末「アップルウオッチ」の「シリーズ3」が米国で発売となった(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[サンフランシスコ 22日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新モデル「8」「8プラス」、腕時計型端末「アップルウオッチ」の「シリーズ3」が22日、米国で発売となった。

このうちサンフランシスコ中心部のユニオンスクエアにあるアップル直営店では、並んだ客の数が80人程度と、例年の新モデル発売当日ほどの行列はみられず、盛り上がりに欠ける格好となった。

11月初旬には最上位モデルとなる「アイフォーンX(テン)」が発売される。このため「X」が本命の消費者も多いとみられる。来店したある客は「アップルウオッチ」を買いにきたとした上で、今回は「アイフォーン8」は見送り「X」を買いたいと話していた。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)はCNBCテレビとのインタビューで、世界中で「アップルウオッチ」が売り切れとなったほか、「アイフォーン8」モデルも売り切れたと語った。ただどの店舗で売り切れたのかは明らかにしなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。