米国でも「iPhone8」発売、店舗の客は少なめ

例年の新モデル発売当日ほど行列にならず

 9月22日、米アップル「iPhone(アイフォーン)」の新モデル「8」「8プラス」、腕時計型端末「アップルウオッチ」の「シリーズ3」が米国で発売となった(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[サンフランシスコ 22日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新モデル「8」「8プラス」、腕時計型端末「アップルウオッチ」の「シリーズ3」が22日、米国で発売となった。

このうちサンフランシスコ中心部のユニオンスクエアにあるアップル直営店では、並んだ客の数が80人程度と、例年の新モデル発売当日ほどの行列はみられず、盛り上がりに欠ける格好となった。

11月初旬には最上位モデルとなる「アイフォーンX(テン)」が発売される。このため「X」が本命の消費者も多いとみられる。来店したある客は「アップルウオッチ」を買いにきたとした上で、今回は「アイフォーン8」は見送り「X」を買いたいと話していた。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)はCNBCテレビとのインタビューで、世界中で「アップルウオッチ」が売り切れとなったほか、「アイフォーン8」モデルも売り切れたと語った。ただどの店舗で売り切れたのかは明らかにしなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 若者のための経済学
  • 就職四季報プラスワン
  • シリコンバレー起業日記
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先端医療ベンチャー<br>バイオ・AIが巻き起こす長寿革命

GAFAなどのIT大手や名だたる世界の投資家たちが今、医療ベンチャーに熱い視線を送っている。投資額は約1.7兆円、10年で7倍近くに膨らんだ。ゲノム、AIとの融合、異端技術による創薬、不老長寿研究……。次世代医療の覇者は誰か。