米国でも「iPhone8」発売、店舗の客は少なめ

例年の新モデル発売当日ほど行列にならず

 9月22日、米アップル「iPhone(アイフォーン)」の新モデル「8」「8プラス」、腕時計型端末「アップルウオッチ」の「シリーズ3」が米国で発売となった(2017年 ロイター/Brendan McDermid)

[サンフランシスコ 22日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新モデル「8」「8プラス」、腕時計型端末「アップルウオッチ」の「シリーズ3」が22日、米国で発売となった。

このうちサンフランシスコ中心部のユニオンスクエアにあるアップル直営店では、並んだ客の数が80人程度と、例年の新モデル発売当日ほどの行列はみられず、盛り上がりに欠ける格好となった。

11月初旬には最上位モデルとなる「アイフォーンX(テン)」が発売される。このため「X」が本命の消費者も多いとみられる。来店したある客は「アップルウオッチ」を買いにきたとした上で、今回は「アイフォーン8」は見送り「X」を買いたいと話していた。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)はCNBCテレビとのインタビューで、世界中で「アップルウオッチ」が売り切れとなったほか、「アイフォーン8」モデルも売り切れたと語った。ただどの店舗で売り切れたのかは明らかにしなかった。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
最新! 危うい会社リスト<br>7つの指標で徹底解析

高成長会社と危ない会社は紙一重。業績順調な企業も先行きは安心できません。突然巨額赤字に陥る、そもそも行き詰まっているなど、将来リスクを抱える会社を多様な切り口でリストアップしました。7つの指標であなたにも見分けられます。