ジーユー「超ハイテク店舗」はこんなにスゴい

在庫やレビューなど、便利な情報を客に提供

一見普通のジーユーの大型店だが、さまざまな工夫が盛り込まれている(撮影:梅谷秀司)

9月15日、アパレル大手・ファーストリテイリング傘下のGU(ジーユー)が横浜港北ノースポート・モール店をリニューアルオープンした。約820坪と同社史上最大の売り場面積を誇り、商品ラインナップも従来の倍。それだけでなく、来店客を驚かせる最新テクノロジーが満載の次世代型店舗に仕上がっている。

白を基調とした店内に入ると、タブレット型の端末が搭載された「オシャレナビ・カート」が目を引く。このカートを持って店内を回ると、ビーコン(発信機)から情報を受信し、近くにあるおすすめ商品が表示される。気になった商品を手に取り、端末にかざせば、色やサイズ別の在庫、コーディネート情報を確認できる優れものだ。

セルフレジで、精算にかかる時間は3分の1に

店内の鏡「オシャレナビ・ミラー」にも仕掛けがある。商品を持って前に立つと、その商品のおすすめコーディネート集や、実際に購入した人のレビューがデジタルサイネージに表示される。合計1000種類のスタイリングが表示可能で、自分に合ったスタイリングを見つけることができる。

タブレット型端末がついたオシャレナビ・カートでは、在庫などの有無がすぐわかる(撮影:梅谷秀司)

セルフレジも10台設置。商品をカゴごとボックスに入れることで、一瞬ですべての商品を認識され、そのまま会計に進むことができる。以前から問題であったレジの列を解消し、精算にかかる時間は3分の1程度まで削減されたという。

数々のデジタル化によって、レジや接客にかかる人員の削減につながり、検品、在庫管理、棚卸しといった裏方の作業も大幅な効率化が進んだ。柚木治社長は新型店舗について「お客さんにショッピングを楽しんでもらいたい。今後はデータの収集も行い、商品開発に生かしていきたい」と話す。

次ページ棚卸しの方法も変わった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。