ジーユー「超ハイテク店舗」はこんなにスゴい

在庫やレビューなど、便利な情報を客に提供

一見普通のジーユーの大型店だが、さまざまな工夫が盛り込まれている(撮影:梅谷秀司)

9月15日、アパレル大手・ファーストリテイリング傘下のGU(ジーユー)が横浜港北ノースポート・モール店をリニューアルオープンした。約820坪と同社史上最大の売り場面積を誇り、商品ラインナップも従来の倍。それだけでなく、来店客を驚かせる最新テクノロジーが満載の次世代型店舗に仕上がっている。

白を基調とした店内に入ると、タブレット型の端末が搭載された「オシャレナビ・カート」が目を引く。このカートを持って店内を回ると、ビーコン(発信機)から情報を受信し、近くにあるおすすめ商品が表示される。気になった商品を手に取り、端末にかざせば、色やサイズ別の在庫、コーディネート情報を確認できる優れものだ。

セルフレジで、精算にかかる時間は3分の1に

店内の鏡「オシャレナビ・ミラー」にも仕掛けがある。商品を持って前に立つと、その商品のおすすめコーディネート集や、実際に購入した人のレビューがデジタルサイネージに表示される。合計1000種類のスタイリングが表示可能で、自分に合ったスタイリングを見つけることができる。

タブレット型端末がついたオシャレナビ・カートでは、在庫などの有無がすぐわかる(撮影:梅谷秀司)

セルフレジも10台設置。商品をカゴごとボックスに入れることで、一瞬ですべての商品を認識され、そのまま会計に進むことができる。以前から問題であったレジの列を解消し、精算にかかる時間は3分の1程度まで削減されたという。

数々のデジタル化によって、レジや接客にかかる人員の削減につながり、検品、在庫管理、棚卸しといった裏方の作業も大幅な効率化が進んだ。柚木治社長は新型店舗について「お客さんにショッピングを楽しんでもらいたい。今後はデータの収集も行い、商品開発に生かしていきたい」と話す。

次ページ棚卸しの方法も変わった
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT