住みたい駅は「超意外」、JR東の駅ランキング

「一生に一度は訪れたい駅」にはあの秘境駅も

ホームのすぐ端が日本海に面している信越線の青海川駅(筆者撮影)

隣の芝生は青く見えるもの。それは駅だって同じである。毎日通勤通学で使っている駅は、別に何の特徴も見どころもないように見えてくるし、正直言って色あせて見える。が、楽しい旅で訪れた駅や若き日の思い出の駅は、ココロの中でキラキラ輝いている。そして、まだ訪れたことのない駅は、きっとすばらしい体験をさせてくれるはず……。

というわけで、この夏JR東日本が実施したのが「みんなで決める! JR東日本1634駅ランキング」。「景色が奇麗な駅」や「住みたい駅」など、5つのカテゴリーごとにSNSを通じた投票で順位を決めるというもので、その最終結果が8月下旬に明らかになった。投票総数2671票というのがなんとも微妙な気がするが、それはさておき、その結果にちょっと突っ込みを入れつつ紹介させていただきたい。

海ばかりの中で1位は山の駅

まずは「景色が奇麗な駅」から。人は「海」にあこがれるものなのだろうか。1位の姨捨(おばすて)駅以外はいずれも海が見える駅。見えるどころか、海と駅との距離が限りなくゼロに近いような駅ばかりがランクインしている。

■景色が奇麗な駅
1 姨捨(長野県)   67
2 海芝浦(神奈川県) 48
3 青海川(新潟県)  36
4 根府川(神奈川県) 35
5 千畳敷(青森県)  12

 

2位の海芝浦駅はご存じ鶴見線の“有名駅”のひとつ。改札口の先は東芝工場の敷地内という通勤専用駅のような位置づけだが、改札内に小さな公園が用意されており、夜には東京湾の工場夜景が楽しめる。オジサンが1人で訪問すると、いちゃつくカップルたちにアテられるリスクもあるけれど……。

3位青海川(おうみがわ)駅は“いちばん海に近い駅”とも言われるようにホームの真下に日本海。4位の根府川(ねぶかわ)駅は相模湾沿いの駅。ホームから初日の出を望むべく訪れる人も多いという。5位の千畳敷駅は五能線の駅で、日本海の荒波に削られた奇岩が迫る……と、海駅ばかりが人気を博す中で1位に輝いたのは海とは無縁の姨捨駅だ。

次ページ絶景とともに「格差」も感じる?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT