政府、月内にも日本郵政株の2次売却実施へ

売却は2015年11月の公開以来1年10カ月ぶり

 9月1日、政府は、月内にも日本郵政株の2次売却を実施する方向で調整に入った。複数の関係筋が明らかにした。写真は都内で1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 1日 ロイター] - 政府は、月内にも日本郵政<6178.T>株の2次売却を実施する方向で調整に入った。複数の関係筋が明らかにした。政府が郵政株を売却するのは、2015年11月の新規公開時以来、1年10カ月ぶり。週明け4日に引き受けシンジケート団への説明会を開き、関係する金融機関に2次売却の方針を伝え、正式決定する。

追加売却を担当する幹事証券6社のうち、全体を統括するグローバルコーディネーター(GC)は野村、大和、ゴールドマン・サックスの3社。

新規公開時は保有株の約2割を売り出し、1兆4000億円の収入を得た。政府は、残る2回の追加売却で22年度までに計4兆円の復興財源を確保する方針で、金融機関との協議を踏まえ、売却額や販売手法を詰める。

核・ミサイル開発を続ける北朝鮮の対応によって、北東アジア情勢が緊迫し、金融・資本市場が混乱すれば、予定している追加売却を先送りする。

日本郵政、財務省からのコメントは得られていない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
飲食業界、失敗する店と成功する店の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT