「ガリガリ君」は1割減、長雨の影響は甚大だ

回復傾向にあった個人消費には「冷や水」も

「ガリガリ君」や「あずきバー」といった氷菓の売れ行きが苦戦している(編集部撮影)

20日超にわたって雨に見舞われた首都圏。40年ぶりともされる長雨が、8月の消費を直撃している。

「ガリガリ君」シリーズなどの氷菓を販売する赤城乳業は長雨の影響で7月下旬〜8月中旬の売り上げが前年比10%超減に沈んだ。

井村屋も主力氷菓「あずきバー」が前年比若干のマイナスに。乳成分が多く含まれるアイスクリームは堅調を維持するが、最高気温が30度を超えるとよく売れる氷菓の苦戦が目立つ。

関東の上場スーパーはほとんどが前年割れに

飲料も不調だ。サントリー食品インターナショナルは「ヨーグリーナ&サントリー天然水」などが好調で、7月の国内販売数量は過去最高となり、前年同月比11%増を記録。だが、長雨の影響で、8月中旬までの販売数量は前年を割った。「7月の勢いが続くことを期待していたのに残念」(会社側)。

最繁忙期を迎えたビールも「稼働日が1日少なかったこともあるが、20日までの販売は2ケタ減」(キリンビール)。

こうしたあおりを食っているのがスーパーだ。都内地盤の大手スーパーは「アイス、冷やし中華の売り上げが軒並み約2割減った。飲料もスポーツドリンクを中心に1割以上落ちている」という。

マルエツなどを傘下に抱えるユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングスも「これだけ天候が悪いと、熱中症対策などの企画が響かず、集客につながらない」と嘆く。関東の上場スーパーはほとんどが前年割れになりそうだ。

次ページ個人消費への影響は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。