「ガリガリ君」は1割減、長雨の影響は甚大だ

回復傾向にあった個人消費には「冷や水」も

長雨に見舞われたのは屋外プールも同じこと。「東京サマーランド」は「雨が続き、中旬まで客数は3割減の状況」(親会社の東京都競馬)。よみうりランドは「プールの利用者は約4割減ったが、逆に遊園地はイベントが好調なこともあり、約3割増えた」という。

夏の風物詩であるビアガーデンにとっても痛手だ。明治神宮外苑の「森のビアガーデン」(ロイヤルホールディングスが運営)は中旬までの売上高が1割弱の減少。商業施設などでビアガーデンを運営するゼットンもやはり約1割減で推移しているという。

ホットコーヒーやマスクが売れている

一方、季節外れなものが売れている。コンビニやスーパー各社のおでんが好調であるほか、「ホットコーヒーが8月に入って約3割の伸び」(ファミリーマート)。体調を崩す人が増えたのか、「この時期としては異例だが風邪薬、マスクが2ケタ増とよく売れている」(イオンリテール)。

やや回復傾向にあった国内消費はどうなるのか。8月14日に内閣府が発表した4〜6月期の実質GDP(国内総生産)1次速報では民間消費が前年同期比0.9%のプラス。家計の消費支出も6月は前年を上回り好調だった。

ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎・経済調査室長は「雇用者所得が増えていない。天候不順も下押しの一要因となり、7〜9月のGDPは0.1%のマイナスになる。所得支出もまたマイナスだろう」と予測する。

当記事は「週刊東洋経済」9月2日号 <8月28日発売>からの転載記事です

雨がやんだ21日以降からは、「森のビアガーデンの予約は前年比20%増になっている」(ロイヤルHD)。「9月の残暑が続けば、サマーランドも挽回のチャンスはある」(東京都競馬)。

ただ今後懸念されるのは、日照時間不足などで野菜が高騰し「より個人消費への影響が大きくなる」(斎藤氏)こと。長雨の影響はどう出るのか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT