イエレンFRB議長が前週末に入院、病名は?

7月3日に退院、今週内には公務復帰見込み

 7月3日、FRBは、ロンドンで家族と休暇を過ごしていたイエレン議長(70)が前週末に尿路感染症のため入院していたことを明らかにした。6月27日撮影(2017年 ロイター/Hannah McKay)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は3日、ロンドンで家族と休暇を過ごしていたイエレン議長(70)が前週末に尿路感染症のため入院していたことを明らかにした。

FRBは声明で「議長は6月30日に入院し、7月3日に退院した」とした上で「議長はワシントンに戻るところで、今週予定通り公務を再開する」と述べた。

議長は6月27日、ロンドンでの会合に出席していた。

病状がどの程度深刻だったかは不明。

イエレン議長は2015年、講演時に体調を崩したことがあり、FRBは議長が1時間近く話した後、脱水症状に陥ったように感じたと説明していた。今回の入院との関連性を示すものはない。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT