イエレンFRB議長が前週末に入院、病名は?

7月3日に退院、今週内には公務復帰見込み

 7月3日、FRBは、ロンドンで家族と休暇を過ごしていたイエレン議長(70)が前週末に尿路感染症のため入院していたことを明らかにした。6月27日撮影(2017年 ロイター/Hannah McKay)

[ワシントン 3日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)は3日、ロンドンで家族と休暇を過ごしていたイエレン議長(70)が前週末に尿路感染症のため入院していたことを明らかにした。

FRBは声明で「議長は6月30日に入院し、7月3日に退院した」とした上で「議長はワシントンに戻るところで、今週予定通り公務を再開する」と述べた。

議長は6月27日、ロンドンでの会合に出席していた。

病状がどの程度深刻だったかは不明。

イエレン議長は2015年、講演時に体調を崩したことがあり、FRBは議長が1時間近く話した後、脱水症状に陥ったように感じたと説明していた。今回の入院との関連性を示すものはない。

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT