これがケイト・モスのリアルすぎる彫像だ

ロンドンのギャラリーに展示

 6月26日、英ロンドンのギャラリーに、著名ファッションモデル、ケイト・モスの超リアルな前衛的彫像が登場した。「MILF]と題されたこの作品では、無表情のモスの胴体部分は裸で腕と足がない「トルソー」になっている(2017年 ロイター/Toby Melville )

[ロンドン 26日 ロイター] - 英ロンドンのギャラリーに、著名ファッションモデル、ケイト・モスの超リアルな前衛的彫像が登場した。「MILF]と題されたこの作品では、無表情のモスの胴体部分は裸で腕と足がない「トルソー」になっている。

アーティストのEdgar Askelovic氏が4カ月かけてモスの写真から製作した。シリコンとウレタン樹脂製で重さは80キロ。

22日に展示が開始され、価格は2万5000ポンド(約356万円)で購入できるという。

ギャラリーの責任者ジャン・デビッド・マラットさんは「ケイト・モスに一度も会ったことがなく、写真だけで製作したとは信じられない」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT