これがケイト・モスのリアルすぎる彫像だ

ロンドンのギャラリーに展示

 6月26日、英ロンドンのギャラリーに、著名ファッションモデル、ケイト・モスの超リアルな前衛的彫像が登場した。「MILF]と題されたこの作品では、無表情のモスの胴体部分は裸で腕と足がない「トルソー」になっている(2017年 ロイター/Toby Melville )

[ロンドン 26日 ロイター] - 英ロンドンのギャラリーに、著名ファッションモデル、ケイト・モスの超リアルな前衛的彫像が登場した。「MILF]と題されたこの作品では、無表情のモスの胴体部分は裸で腕と足がない「トルソー」になっている。

アーティストのEdgar Askelovic氏が4カ月かけてモスの写真から製作した。シリコンとウレタン樹脂製で重さは80キロ。

22日に展示が開始され、価格は2万5000ポンド(約356万円)で購入できるという。

ギャラリーの責任者ジャン・デビッド・マラットさんは「ケイト・モスに一度も会ったことがなく、写真だけで製作したとは信じられない」と話した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ナベツネが腹を割って語る<br>政治、そしてメディアの未来

読売新聞主筆として93歳の今も、社論をまとめる要の役割を果たしている渡邉恒雄氏。安倍首相と定期的に会食するなど、なお政治のキーマンでもある。歴代の首相を知る同氏は現在の政治とメディアをどう見ているのか。本誌編集長がインタビュー。