これがケイト・モスのリアルすぎる彫像だ

ロンドンのギャラリーに展示

 6月26日、英ロンドンのギャラリーに、著名ファッションモデル、ケイト・モスの超リアルな前衛的彫像が登場した。「MILF]と題されたこの作品では、無表情のモスの胴体部分は裸で腕と足がない「トルソー」になっている(2017年 ロイター/Toby Melville )

[ロンドン 26日 ロイター] - 英ロンドンのギャラリーに、著名ファッションモデル、ケイト・モスの超リアルな前衛的彫像が登場した。「MILF]と題されたこの作品では、無表情のモスの胴体部分は裸で腕と足がない「トルソー」になっている。

アーティストのEdgar Askelovic氏が4カ月かけてモスの写真から製作した。シリコンとウレタン樹脂製で重さは80キロ。

22日に展示が開始され、価格は2万5000ポンド(約356万円)で購入できるという。

ギャラリーの責任者ジャン・デビッド・マラットさんは「ケイト・モスに一度も会ったことがなく、写真だけで製作したとは信じられない」と話した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
官僚の掟<br>忖度エリートのカネと出世

不人気、不遇、不祥事で没落するエリートたちの悲哀。次々に発覚する官僚たちの過ち。採用応募者は年々減少し、東大生の官僚離れが顕著に。それでも官僚はおいしい仕事なのか?