任天堂株が8年8カ月ぶりの高値になったワケ

小型家庭用ゲーム機を10月に発売

 6月27日、任天堂<7974.T>が連日年初来高値を更新し、2008年10月以来約8年8カ月ぶりの高値水準を付けた。米カリフォルニア州で13日撮影(2017年 ロイター/ Mike Blake)

[東京 27日 ロイター] - 任天堂<7974.T>が連日年初来高値を更新し、2008年10月以来約8年8カ月ぶりの高値水準を付けた。同社は27日、家庭用ゲーム機「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を10月5日に発売すると発表した。1990年に発売した「スーパーファミコン」用のソフトから厳選した21タイトルをコンパクトな本体に収録した。希望小売価格は7980円(税別)。

新製品による業績押し上げ期待で買いが入ったが、寄り付きに高値を更新した後は、連騰後の利益確定売りで小幅安となっている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中間決算に透ける踊り場<br>企業業績は減速が鮮明に

世界経済が踊り場を迎えている今、中間決算発表に伴う業績予想の修正が出そろった。2018年度の営業利益は前年比4.6%増と、17年度の12.9%増から減速する。『会社四季報』業界担当記者が、明暗分かれる業種内の「優勝劣敗」を解説する。