セレブ年収ランキング、首位はなんと143億円

米国のラッパー「ディディ」が首位に

 6月12日、米経済誌フォーブスが発表した「世界で最も稼ぐセレブ100」リストで、米国のラッパーで音楽プロデューサーでもあるディディ、ことショーン・コムズ(47)が首位に輝いた。写真は先月21日撮影(2017年 ロイター/Steve Marcus)

[ロサンゼルス 12日 ロイター] - 米経済誌フォーブスが12日発表した「世界で最も稼ぐセレブ100」リストで、米国のラッパーで音楽プロデューサーでもあるディディ、ことショーン・コムズ(47)が首位に輝いた。前年トップだった歌手のテイラー・スウィフト(27)は49位に後退した。

前年は22位だったショーン・コムズは、6月1日までの1年間の収入が推定1億3000万ドル(約143億円)。バッド・ボーイ・ファミリーのリユニオンツアーや、ファッションブランド「ショーン・ジョン」の売り上げ、シロック・ウオッカとのパートナー契約などからの収入が多くを占めた。

テイラー・スウィフトは、前年はアルバム「1989」のヒットやツアーで1億7000万ドルを稼ぎトップだったが、今年は4400万ドルに減った。

2位はビヨンセ。アルバム「レモネード」のヒットやワールドツアーなどの結果、1億500万ドルを稼いだ。

3位は英人気ファンタジー小説「ハリー・ポッター」の原作者J.K.ローリングの9500万ドル。スピンオフ映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」による収入がほとんど。

新顔では、キム・カーダシアンの異父妹であるモデルのカイリー・ジェンナー(19)が4100万ドルを稼いだ。

ランキングは6月1日までの1年間に稼いだ収入(税引き前)を基に作成された。ランクインした100人の合計は51億ドルで、前年とほぼ同額だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。