セブンイレブンが悲願の沖縄出店、19年度に

これで全47都道府県が塗りつぶされる

 6月9日、コンビニ最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京都千代田区)は、2019年度をめどに沖縄県に出店すると発表した。沖縄県に出店することで、47都道府県全てで展開することになる。写真は都内で1月撮影(2017年 ロイター/Kim Kyung Hoon)

[東京 9日 ロイター] - コンビニ最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京都千代田区)は9日、2019年度をめどに沖縄県に出店すると発表した。沖縄県に出店することで、47都道府県全てで展開することになる。

店舗数は、出店から5年で約250店舗を予定している。出店にあたっては、新たに工場や配送センターを設ける計画。セブンイレブンは、5月末現在、国内で1万9579店舗を展開している。

また、同社は、経済特区を活用し、沖縄を輸送拠点として、グループのプライベートブランド(PB)「セブンプレミアム」のアジア展開を進める。セブンプレミアムについては、2016年度の売上高1兆1500億円を2019年度に1兆5000億円に拡大させる計画。

大手コンビニのうち、ファミリーマートは300店舗強、ローソン<2651.T>は200店舗強を沖縄で展開している。

(清水律子)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT