ハンガリー「ソロス大学閉鎖法」に大規模デモ

7万人が参加、「教育関連法案改正」に抗議

 4月9日、ハンガリーの首都ブダペストで、同国出身の米著名投資家ジョージ・ソロス氏が共同創設した「中央ヨーロッパ大学(CEU)」を閉鎖に追い込む可能性のある教育関連改正法案に抗議する大規模デモがあり、主催者側によると、約7万人が参加した。写真は現地で撮影(2017年 ロイター/Laszlo Balogh)

[ブダペスト 9日 ロイター] - ハンガリーの首都ブダペストで9日、同国出身の米著名投資家ジョージ・ソロス氏が共同創設した「中央ヨーロッパ大学(CEU)」を閉鎖に追い込む可能性のある教育関連改正法案に抗議する大規模デモがあり、主催者側によると、約7万人が参加した。オルバン首相の在任7年で、今回のデモは最大規模。

オルバン首相の与党フィデス・ハンガリー市民連盟が進める、より厳しい大学運営条件を定めた改正法案が議会で可決されたことを受け、CEUは閉鎖を余儀なくされる可能性がある。

米政府や欧州連合(EU)をはじめ、多くの著名学者が同法案を非難している。

改正法案の成立には、アーデル大統領が10日までに署名する必要があるが、抗議者らは「拒否権」を行使して廃案にするようアーデル氏に要求。「自由な国、自由な大学を」と唱えた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT