仏大統領選、シティが「マクロン氏勝利」予想

「共和党フィヨン氏勝利」シナリオから変更へ

 4月10日、米シティグループは、フランス大統領選の基本シナリオを「共和党のフィヨン元首相勝利」から「中道系独立候補のマクロン前経済相勝利」に変更した。写真はリヨンで2月撮影(2017年 ロイター/Robert Pratta)

[パリ 10日 ロイター] - 米シティグループは10日、フランス大統領選の基本シナリオを「共和党のフィヨン元首相勝利」から「中道系独立候補のマクロン前経済相勝利」に変更した。

マクロン氏が勝利する確率は35%、フィヨン氏が勝利する確率は30%としている。

極右政党・国民戦線(FN)のルペン党首が勝利する確率は25%に上方修正したが、同氏が勝利する確率は依然として「かなり低い」としている。

世論調査で急速に追い上げている急進左派のメランション氏については、確率10%の「ワイルドカード・シナリオ」としている。

マクロン氏が勝利した場合でも、同氏率いる「前進」は過半数議席を確保できず、連立政権が樹立される可能性が高いという。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。