ヤフー・ジャパン、自動運転分野に本格参入 

SBドライブに出資

 3月24日、ヤフーは、自動運転技術を開発するソフトバンク傘下のSBドライブに出資し、自動運転分野に本格参入すると発表した。写真は都内で2009年8月撮影(2017年 ロイター)

[東京 24日 ロイター] - ヤフー<4689.T>は24日、自動運転技術を開発するソフトバンク傘下のSBドライブ(東京都港区)に出資し、自動運転分野に本格参入すると発表した。ヤフーが提供する地図サービスとの連携や、自動運転から得られるビッグデータの自社サービスへの活用を検討する。

SBドライブが実施した第三者割当増資をソフトバンクとともに引き受けた。出資額はヤフーが約4.9億円、ソフトバンクは1.9億円。この結果、出資比率はソフトバンクが51.1%、ヤフーが48.6%、自動運転技術を研究・開発する先進モビリティ(東京都目黒区)が0.3%となる。

SBドライブはソフトバンクと先進モビリティの合弁会社として2016年4月に設立。路線バスの自動運転や大型トラックの隊列走行などの実用化に向け、開発を進めている。北九州市などと連携、2018年度後半に公道での完全自動運転による実証実験を計画している。

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT