ヤフー・ジャパン、自動運転分野に本格参入 

SBドライブに出資

 3月24日、ヤフーは、自動運転技術を開発するソフトバンク傘下のSBドライブに出資し、自動運転分野に本格参入すると発表した。写真は都内で2009年8月撮影(2017年 ロイター)

[東京 24日 ロイター] - ヤフー<4689.T>は24日、自動運転技術を開発するソフトバンク傘下のSBドライブ(東京都港区)に出資し、自動運転分野に本格参入すると発表した。ヤフーが提供する地図サービスとの連携や、自動運転から得られるビッグデータの自社サービスへの活用を検討する。

SBドライブが実施した第三者割当増資をソフトバンクとともに引き受けた。出資額はヤフーが約4.9億円、ソフトバンクは1.9億円。この結果、出資比率はソフトバンクが51.1%、ヤフーが48.6%、自動運転技術を研究・開発する先進モビリティ(東京都目黒区)が0.3%となる。

SBドライブはソフトバンクと先進モビリティの合弁会社として2016年4月に設立。路線バスの自動運転や大型トラックの隊列走行などの実用化に向け、開発を進めている。北九州市などと連携、2018年度後半に公道での完全自動運転による実証実験を計画している。

 

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ひとりの贅沢空間~週末に聴きたい名盤
  • 若者のための経済学
  • 内田衛の日々是投資
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。