マイクロソフトとアドビがデータ提携を発表

セールス・マーケティングソフトで提携

 3月20日、米マイクロソフトとアドビ・システムズは、両社のセールスとマーケティングのソフトウエア間で共有データのフォーマットを構築すると発表した。競合のセールスフォース・ドット・コムやオラクルの製品に対抗する狙いという。写真は米マサチューセッツ州ケンブリッジのマイクロソフト社で1月撮影(2017年 ロイター/Brian Snyder)

[20日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>とアドビ・システムズ<ADBE.O>は20日、両社のセールスとマーケティングのソフトウエア間で共有データのフォーマットを構築すると発表した。競合のセールスフォース・ドット・コム<CRM.N>やオラクル<ORCL.N>の製品に対抗する狙いという。

アドビが年次ユーザー向け会合を前に明らかにしたところによると、両社のソフト間で共有データを構築することで、双方のソフトウエアのシステムが中断されることなく稼働する。

両社は昨年秋に「Azure」のクラウド・コンピューティング分野で既に提携している。

アドビは2009年にオンラインマーケティングのオムニチュアを買収してから企業間のマーケティングソフトに注力している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の株入門<br>『会社四季報』公式!銘柄ガイド

コロナ禍で株価が激動、将来不安や在宅勤務で「株デビュー」する人が増えています。チャートの読み方、お得な優待銘柄、ネット証券の選び方など株式投資の入門情報を満載。四季報最新号のランキングによる銘柄選びも。

東洋経済education×ICT