マイクロソフトとアドビがデータ提携を発表

セールス・マーケティングソフトで提携

 3月20日、米マイクロソフトとアドビ・システムズは、両社のセールスとマーケティングのソフトウエア間で共有データのフォーマットを構築すると発表した。競合のセールスフォース・ドット・コムやオラクルの製品に対抗する狙いという。写真は米マサチューセッツ州ケンブリッジのマイクロソフト社で1月撮影(2017年 ロイター/Brian Snyder)

[20日 ロイター] - 米マイクロソフト<MSFT.O>とアドビ・システムズ<ADBE.O>は20日、両社のセールスとマーケティングのソフトウエア間で共有データのフォーマットを構築すると発表した。競合のセールスフォース・ドット・コム<CRM.N>やオラクル<ORCL.N>の製品に対抗する狙いという。

アドビが年次ユーザー向け会合を前に明らかにしたところによると、両社のソフト間で共有データを構築することで、双方のソフトウエアのシステムが中断されることなく稼働する。

両社は昨年秋に「Azure」のクラウド・コンピューティング分野で既に提携している。

アドビは2009年にオンラインマーケティングのオムニチュアを買収してから企業間のマーケティングソフトに注力している。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 男性学・田中俊之のお悩み相談室
  • iPhoneの裏技
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
アマゾンに勝つ経営<br>諦めるのは、まだ早い!

ネット通販の巨人アマゾンが小売業者を次々駆逐している。ただ、活路はある。負けないためのキーワードは「ラストワンマイル」と「サブスクリプション」。ポストアマゾン最右翼の中国企業や、日本のネットスーパーなどの最前線をルポ。