米株下落、景気刺激策の導入遅延懸念

NYダウは小幅安、アップル株は上昇

 3月20日、米国株式市場は、ダウ工業株30種平均とS&P総合500種がいずれも小幅安で取引を終えた。NYSEで撮影(2017年 ロイター/Lucas Jackson)

[ニューヨーク 20日 ロイター] - 米国株式市場は、ダウ工業株30種平均とS&P総合500種がいずれも小幅安で取引を終えた。トランプ米政権の景気刺激策導入はこれまでの見通しよりも遅れるとの見方が強まり、売りがやや優勢となった。

米連邦捜査局(FBI)のコミー長官は下院情報委員会の公聴会で、オバマ前米大統領が昨年の大統領選期間中にトランプタワーで盗聴を行っていたとするトランプ大統領の主張について、裏付けとなる証拠はないと証言。S&P500とダウ平均は長官の発言が伝わると下げ基調となった。

ウェッドブッシュ・セキュリティーズのトレーディング部門ディレクター、イアン・ウィナー氏は「トランプ大統領の(景気刺激的な)政策の導入は遅れるとの見方が今日も広まった。市場は税制改革を期待しており、(トランプ政権は)この案件に取り組む前に医療保険制度問題に決着を付ける必要がある」と話した。

S&Pのセクター別指数は11業種のうち7業種が下落。下げを主導したのは金融株で、原油高を見込む取引の巻き戻しが続いたエネルギー株も全般に安かった。ナスダック指数は取引時間中に一時過去最高値をつけたが、その後は伸び悩み、小幅高で終わった。

個別銘柄では、アップル<AAPL.O>が1.05%高。証券会社による株価目標引き上げを好感して買われ、取引時間中には過去最高値を更新する場面もあった。

キャタピラー<CAT.N>は2.68%上昇。12─2月の世界販売が1月までの3カ月と比べて小幅な落ち込みにとどまった。

ウォルト・ディズニー<DIS.N>は映画「美女と野獣」の客足が好調で、0.85%高とダウ平均の構成銘柄では最大の上げ幅となった。

騰落銘柄数は、ニューヨーク証券取引所では下げ銘柄が上げ銘柄を上回り、比率は1.40対1だった。ナスダックも1.58対1で下げが上げを上回った。

米取引所の合算出来高は約58億株で、直近20営業日の平均である71億株を下回った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT