アップルCEO「中国は対外開放政策継続を」

北京で開催された中国開発フォーラムで講演

 3月18日、米アップルのクックCEO(写真)は、北京で開催された中国開発フォーラムで講演し、グローバリザーションへの支持を示すとともに、中国は引き続き外国企業に経済を開放すべきと述べた。写真は18日北京で撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 18日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>のクック最高経営責任者(CEO)は18日、北京で開催された中国開発フォーラムで講演し、グローバリザーションへの支持を示すとともに、中国は引き続き外国企業に経済を開放すべきと述べた。

トランプ米大統領が保護主義的発言を繰り広げ、米中摩擦が深刻化することが懸念されている。

クックCEOは「中国が門戸を広げ続けることが重要だと思う」と述べ、国として閉鎖的になることは人々のためにならない、と指摘した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
  • 不妊治療のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。