アップルCEO「中国は対外開放政策継続を」

北京で開催された中国開発フォーラムで講演

 3月18日、米アップルのクックCEO(写真)は、北京で開催された中国開発フォーラムで講演し、グローバリザーションへの支持を示すとともに、中国は引き続き外国企業に経済を開放すべきと述べた。写真は18日北京で撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 18日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>のクック最高経営責任者(CEO)は18日、北京で開催された中国開発フォーラムで講演し、グローバリザーションへの支持を示すとともに、中国は引き続き外国企業に経済を開放すべきと述べた。

トランプ米大統領が保護主義的発言を繰り広げ、米中摩擦が深刻化することが懸念されている。

クックCEOは「中国が門戸を広げ続けることが重要だと思う」と述べ、国として閉鎖的になることは人々のためにならない、と指摘した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT