アップルCEO「中国は対外開放政策継続を」

北京で開催された中国開発フォーラムで講演

 3月18日、米アップルのクックCEO(写真)は、北京で開催された中国開発フォーラムで講演し、グローバリザーションへの支持を示すとともに、中国は引き続き外国企業に経済を開放すべきと述べた。写真は18日北京で撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 18日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>のクック最高経営責任者(CEO)は18日、北京で開催された中国開発フォーラムで講演し、グローバリザーションへの支持を示すとともに、中国は引き続き外国企業に経済を開放すべきと述べた。

トランプ米大統領が保護主義的発言を繰り広げ、米中摩擦が深刻化することが懸念されている。

クックCEOは「中国が門戸を広げ続けることが重要だと思う」と述べ、国として閉鎖的になることは人々のためにならない、と指摘した。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。