グーグル、クラウド事業で複数の顧客獲得

アマゾン・マイクロソフトを追い上げか

 3月8日、米アルファベット傘下グーグルの幹部は、クラウドコンピューティング事業で新たに複数の顧客を獲得する取り組みが進展したと明らかにした。2016年5月撮影(2017年 ロイター/Pawel Kopczynski)

[8日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルの幹部は8日、クラウドコンピューティング事業で新たに複数の顧客を獲得し、同市場で上位2社の米アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>とマイクロソフト<MSFT.O>を追い上げる取り組みが進展したと明らかにした。

サンフランシスコで開かれたイベントでグーグルのクラウドコンピューティング部門トップ、ダイアン・グリーン氏は、金融大手HSBCや日用品大手コルゲート、通信大手ベライゾン、電子商取引大手イーベイなどを新たな顧客として獲得したと公表。

同氏は、「交渉中の取引のうち半分以上が成立した」と述べ、さらに顧客が増える可能性を示した。

グーグルはまた、データサイエンティストのコミュニティーを運営する「Kaggle」を買収したと発表。人工知能(AI)の分野で競争力強化につながる可能性がある。

一方、アナリストらは、グーグルはクラウド事業で依然として上位2社との差が大きいと指摘。

ジャックドー・リサーチのアナリスト、ジャン・ドーソン氏は「今回多くの企業名を公表したが、規模に関してはアマゾンとマイクロソフトをはるかに下回っている」と分析。「多少顧客が増えたからといって差が埋まるわけではない」とした。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。