ソフトバンク買収案件でインサイダー疑惑

トレーダー資産凍結

 3月1日、米証券取引委員会(SEC)は、 ソフトバンクグループによる投資会社フォートレス・インベストメントの買収に絡み、インサイダー取引で不正な利益を得た疑いがあるとして、複数のトレーダーの資産を凍結したことを明らかにした。写真はソフトバンクのロゴ。都内本社で昨年6月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)は1日、 ソフトバンクグループ<9984.T>による投資会社フォートレス・インベストメント<FIG.N>の買収に絡み、インサイダー取引で不正な利益を得た疑いがあるとして、複数のトレーダーの資産を凍結したことを明らかにした。

ソフトバンクは2月14日、フォートレスを33億ドル相当の現金で買収することで合意したと発表している。SECでは、ロンドンやシンガポールの証券会社のトレーダーらが、買収に関する情報を事前につかみ、14日にフォートレス株を購入、翌15日に売り抜け、360万ドルの利益を得たとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
すごいベンチャー100<br>2019年最新版

ファンドが大型化しマネーが殺到するベンチャー企業。大化け期待の日本発 “金の卵” 100社を厳選。アプリで禁煙治療、空飛ぶバイク、ハエで肥料生成など異色のアイデアを満載。プリファードなどユニコーンの現在地やIPO後の株価の検証も。

  • 新刊
  • ランキング