ソフトバンク買収案件でインサイダー疑惑

トレーダー資産凍結

 3月1日、米証券取引委員会(SEC)は、 ソフトバンクグループによる投資会社フォートレス・インベストメントの買収に絡み、インサイダー取引で不正な利益を得た疑いがあるとして、複数のトレーダーの資産を凍結したことを明らかにした。写真はソフトバンクのロゴ。都内本社で昨年6月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[ワシントン 1日 ロイター] - 米証券取引委員会(SEC)は1日、 ソフトバンクグループ<9984.T>による投資会社フォートレス・インベストメント<FIG.N>の買収に絡み、インサイダー取引で不正な利益を得た疑いがあるとして、複数のトレーダーの資産を凍結したことを明らかにした。

ソフトバンクは2月14日、フォートレスを33億ドル相当の現金で買収することで合意したと発表している。SECでは、ロンドンやシンガポールの証券会社のトレーダーらが、買収に関する情報を事前につかみ、14日にフォートレス株を購入、翌15日に売り抜け、360万ドルの利益を得たとしている。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
銀行員の出世コースに見られ始めた大きな変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT