東京マラソン、キプサング世界記録ならず

日本国内最高タイムの2時間3分58秒で優勝

 2月26日、東京マラソンでウィルソン・キプサング(ゼッケン1番)が日本国内最高タイムの2時間3分58秒で優勝した(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[26日 ロイター] - 東京マラソンが26日に行われ、ウィルソン・キプサング(ケニア)が日本国内最高タイムの2時間3分58秒で優勝した。

前世界記録保持者であるキプサングは世界新記録を狙ったが、デニス・キメット(ケニア)の世界記録、2時間2分57秒には届かなかった。

井上大仁が2時間8分22秒で日本勢トップの8位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。