東京マラソン、キプサング世界記録ならず

日本国内最高タイムの2時間3分58秒で優勝

 2月26日、東京マラソンでウィルソン・キプサング(ゼッケン1番)が日本国内最高タイムの2時間3分58秒で優勝した(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[26日 ロイター] - 東京マラソンが26日に行われ、ウィルソン・キプサング(ケニア)が日本国内最高タイムの2時間3分58秒で優勝した。

前世界記録保持者であるキプサングは世界新記録を狙ったが、デニス・キメット(ケニア)の世界記録、2時間2分57秒には届かなかった。

井上大仁が2時間8分22秒で日本勢トップの8位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT