東京マラソン、キプサング世界記録ならず

日本国内最高タイムの2時間3分58秒で優勝

 2月26日、東京マラソンでウィルソン・キプサング(ゼッケン1番)が日本国内最高タイムの2時間3分58秒で優勝した(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[26日 ロイター] - 東京マラソンが26日に行われ、ウィルソン・キプサング(ケニア)が日本国内最高タイムの2時間3分58秒で優勝した。

前世界記録保持者であるキプサングは世界新記録を狙ったが、デニス・キメット(ケニア)の世界記録、2時間2分57秒には届かなかった。

井上大仁が2時間8分22秒で日本勢トップの8位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 最新の週刊東洋経済
  • ドラマな日常、日常にドラマ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT