ソフトバンク、台湾鴻海子会社と合弁設立

フォックスコンと共同で投資事業

 2月24日、ソフトバンクグループは台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループと共同で投資事業を始めると発表した。ソフトバンクG本社で2016年6月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は24日、台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループと共同で投資事業を始めると発表した。ソフトバンクGの投資経験にフォックスコンのネットワークを組み合わせることで、投資事業を強化する。

共同投資事業はソフトバンクGの既存企業を活用する。ソフトバンクGの完全子会社「ソフトバンクグループキャピタルAPAC」が鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.T>の完全子会社「フォックスコン(ファーイースト)」に対して3月1日付で6億ドルの第三者割当増資を実施し、合弁会社化する。

第三者割当増資後の出資比率はソフトバンクGが45.5%、フォックスコンが54.5%となり、合弁会社はソフトバンクGの子会社から持ち分法適用会社となる見込み。

ソフトバンクGの広報担当者によると、投資セクターや地域などはフォックスコン主導になるという。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT