ソフトバンク、台湾鴻海子会社と合弁設立

フォックスコンと共同で投資事業

 2月24日、ソフトバンクグループは台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループと共同で投資事業を始めると発表した。ソフトバンクG本社で2016年6月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は24日、台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループと共同で投資事業を始めると発表した。ソフトバンクGの投資経験にフォックスコンのネットワークを組み合わせることで、投資事業を強化する。

共同投資事業はソフトバンクGの既存企業を活用する。ソフトバンクGの完全子会社「ソフトバンクグループキャピタルAPAC」が鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.T>の完全子会社「フォックスコン(ファーイースト)」に対して3月1日付で6億ドルの第三者割当増資を実施し、合弁会社化する。

第三者割当増資後の出資比率はソフトバンクGが45.5%、フォックスコンが54.5%となり、合弁会社はソフトバンクGの子会社から持ち分法適用会社となる見込み。

ソフトバンクGの広報担当者によると、投資セクターや地域などはフォックスコン主導になるという。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。