ソフトバンク、台湾鴻海子会社と合弁設立

フォックスコンと共同で投資事業

 2月24日、ソフトバンクグループは台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループと共同で投資事業を始めると発表した。ソフトバンクG本社で2016年6月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は24日、台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループと共同で投資事業を始めると発表した。ソフトバンクGの投資経験にフォックスコンのネットワークを組み合わせることで、投資事業を強化する。

共同投資事業はソフトバンクGの既存企業を活用する。ソフトバンクGの完全子会社「ソフトバンクグループキャピタルAPAC」が鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.T>の完全子会社「フォックスコン(ファーイースト)」に対して3月1日付で6億ドルの第三者割当増資を実施し、合弁会社化する。

第三者割当増資後の出資比率はソフトバンクGが45.5%、フォックスコンが54.5%となり、合弁会社はソフトバンクGの子会社から持ち分法適用会社となる見込み。

ソフトバンクGの広報担当者によると、投資セクターや地域などはフォックスコン主導になるという。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 戻りたくなる組織の作り方
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
約10年で3000店が消滅、「町の本屋」の切実事情
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
企業同士の取引で「値上げラッシュ」が起きている
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100年時代の人生&行動戦略<br>ライフシフト超入門

人生100年時代の覚悟と実践を提示した書籍『ライフシフト』の「1」と「2」が話題です。高齢化社会で働き方や学び方はどう変わるのでしょうか。本特集では著者インタビューやライフシフトの実践例も掲載。長寿時代を乗り越えるためのヒントが満載です。

東洋経済education×ICT