ソフトバンク、台湾鴻海子会社と合弁設立

フォックスコンと共同で投資事業

 2月24日、ソフトバンクグループは台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループと共同で投資事業を始めると発表した。ソフトバンクG本社で2016年6月撮影(2017年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 24日 ロイター] - ソフトバンクグループ<9984.T>は24日、台湾のフォックスコン・テクノロジー・グループと共同で投資事業を始めると発表した。ソフトバンクGの投資経験にフォックスコンのネットワークを組み合わせることで、投資事業を強化する。

共同投資事業はソフトバンクGの既存企業を活用する。ソフトバンクGの完全子会社「ソフトバンクグループキャピタルAPAC」が鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.T>の完全子会社「フォックスコン(ファーイースト)」に対して3月1日付で6億ドルの第三者割当増資を実施し、合弁会社化する。

第三者割当増資後の出資比率はソフトバンクGが45.5%、フォックスコンが54.5%となり、合弁会社はソフトバンクGの子会社から持ち分法適用会社となる見込み。

ソフトバンクGの広報担当者によると、投資セクターや地域などはフォックスコン主導になるという。

(志田義寧)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
「説得力のある話ができる人」と「説得力のない人」の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT